大阪道頓堀で創業、今では海外にも展開、千房のお好み焼き人気です

2017年12月27日(水)4回目の試食となりました。境港のお寿司屋さんを経営する喜満フーズさんから紅ずわいがにと地元で水揚される食材を使った8種海鮮恵方巻が届きましたが、試食する度に仕様が微妙に変わるので取り扱いをするのは難しいように思います。

千房さんから宮崎県産黒毛和牛入りのお好み焼きの提案をいただきました。何と1000円!通常の500円前後の味とあまり変わりません。

同じく千房さんから牛すじ・いか・海老・豚肉・チーズ5種類の具材が入った、1000円のお好み焼きも試食しました。まだこれなら5種類の具材と言うことで1000円でも売れるのでははないか、と思いました。

北海道函館のカドウフーズさんからメークインと森町産の豚肉メンチ肉の手作りコロッケの2回目の試食が届きましたが、芋の蒸かし方が強いのか?べたっとしていて手で持つことが出来ません。柔らか過ぎて美味しくありません。

香港聘珍楼さんの肉まんと小籠包とシュウマイを試食しましたが、値段の割には美味しくありませんでした。

博多から小石原焼きの壺に漬けた明太子を試食しました。味は普通ですが、一回に食べきれない150gなのでひと腹80gぐらいの食べ切りサイズが喜ばれると思いました。

最後に山口県の菓子メーカーさんから三色団子と桜餅のセットが届きました。上用粉を使っているとのことですが、食べた感じ100%使用では無いと感じたので、一括表示ラベルを見ると、やはりモチ米も配合されていました。

同じく冷凍のプリンをいただきました。濃厚で美味しいです。冷凍でプリンは珍しいです。冷凍だと買い置き出来るのでとても便利だと思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る