蝦夷あわびの刺身、こんなに旨かったっけ?・・和歌山県湯浅町漁業生産組合の養殖鮑。

2019年2月27日(水)今日は、京都と大阪を繋ぐ京阪電車沿線にある京阪百貨店の営業政策部の眞鍋様に来社いただきました。やはりお客様の高齢化に伴い、ギフト商品主体のオンラインショップやカタログのみならず、日々食べる簡単に調理できるおかず等の取扱いをご希望されているとのこと。外商さんも50名体制を取っているとのこと。なるほど、京阪沿線沿いには松下電器や三洋電機様などかつて世界一と言われた日本の家電メーカーさんのOBさん達が多く住まれております。そこで、冷凍惣菜のみならず、旬のご当地グルメや有名専門店の味が楽しめる「わんまいるグルメカタログ」を外商さんから手渡ししていただければ、足腰が弱く百貨店迄買物に行けなくなったお客様には凄く喜んでいただけるとご説明させていただいたところ、共感をいただきました。丁度お昼になりましたので、人気の約5分で出来る簡単調理の旬の手作りおかずセット(健幸ディナー)を試食いただきました。思っていた以上の味に「冷凍とは絶対に思いませんね。」とコメントをいただきました。


僕は試食室でおかずセット健幸ディナーに採用予定の試食を行いました。1品目は「ブロッコリーの卵あんとじ」ですが、塩茹でしているのか?塩味が強いのでブロッコリーの下茹でを少なくするように伝えました。2品目の「こんにゃくと大豆の煮物」は、前回のじゃが芋の角切りをこんにゃくに替えてもらいまたが、食感がイマイチなので、元のじゃが芋の角切りに戻して、湯がき過ぎないように注意しました。3品目の玉ねぎを増やした「石見ポークと野菜の胡麻しゃぶ」は、玉ねぎを増やした為、離水が多くなり折角の胡麻たれが薄くなったので、玉葱のカットを3倍の幅にして離水を少なくするように伝えました。4品目の「石見ポークを使ったゴーヤチャンプルー」は、豚肉を20g増やすように指示。5品目の「大阪泉州産水茄子入り石見ポークの肉団子と野菜の甘酢あんかけ」は、夏場にさしかかるので成型するのに時間がかかる肉団子は、品質劣化の恐れがあるため、気温が25度を超える夏場の使用は控えるように指示しました。6品目の石川県の羽二重豆腐さんの「わかめと豆腐寄せの和風あんかけ」は、1個にして副菜に使用するのとしろ菜を20g添えてあんかけにするように指示しました。7品目は「瀬戸内海産豆あじの南蛮漬け」は、酸っぱくなくて香ばしく揚っていて美味しいです。先ほどの胡麻だれで「小鯵の胡麻だれ和え」も美味しいと思いました。

阪急百貨店梅田本店にも中華惣菜店チャイナチューボーを出店されている神戸の株式会社フーズパレットさんから、「海鮮ワンタンスープ」と「具沢山餃子スープ」の提案をいただきました。見た感じ、海鮮ワンタンスープの色が黒ずんでいるので餃子スープを取り扱わせていただくようにと指示しました。

富山県の三和製玉さんから「半月ミートオムレツ」「半月チーズオムレツ」「半月半熟風オムレツ」「半月トマトオムレツ」「丸型きざみベーコンエッグ」「丸形フヨウハイ」の6アイテムのミニオムレツが届きました。先日来社いただいた際に、三和製玉松永社長お奨めのチーズオムレツは、濃厚なチーズが中から出てきて確かに美味しかったです。僕はこの6種類の中では半熟オムレツが、味付けも食感も良くて気に入りました。

最後に湯浅町漁業生産組合の販売会社ゆあさ海産さんから届いた蝦夷鮑を試食させていただきました。コリコリとした食感はもとより甘くてコクがあり美味しい。鮑ってこんなに美味しかったったけ?と思いました。醤油と日本酒を少し垂らして、レンジで酒蒸し風にした鮑もいただきました。これも珍味ですが刺身の方が美味しく思いました。・・・いやーかなり旨いです。そのぶんお値段も・・・

試食後に、大分県の郷土料理鶏飯や神戸牛おこわ、鰻おこわなど米飯を専門に全国各地のメーカーさんから委託製造及び大手百貨店様の食品ギフトやブレミアムグルメとして取り扱いされている「芦屋:楽膳」様の米飯工場へお伺いしました。元大手コメ問屋様が食糧管理法改正で破綻した後、広島のポストごはんの里大阪支店に勤められ、大阪支店閉鎖を機に独立創業されました!独自の遠赤外線の炊飯釜を開発され秘伝の昆布だしを配合されて備前米にこだわったご飯はふっくらと柔らかくて旨いです。やはりココにも「美味しい理由」がありました!意外と難しい冷凍のおにぎり鮭と梅をレンジで解凍して試食させていただきましたが素朴な味でべたつかずに美味しいです。これにレンジでできるきつねうどんや蕎麦が有れば十分です、直ぐに取り扱いをさせていただきたいと思いました。芦屋の直営店で販売されている丹波黒豆大福もレンジ解凍して試食させていただきましたが、甘すぎる事無くモチモチした餅に黒豆が香ばしく味わえ美味しいです。

仕事が終わり弊社絆会の永久会員のメルシャンの和酒事業部責任者の坂本部長と先日紹介いただいた阪神百貨店フード営業統括の中尾様と北新地の高知県内にも店を構える土佐料理専門店「おらんく家」さんで会食させていただきました。とろ湯葉和え、高知名物の鰹の藁焼き、四万十ポークの小鍋、ローストビーフ、鰆の塩焼き、蛸の酢味噌、握り寿司、しじみ汁のコースでした。蛸の酢味噌美味しかったです。メルシャン八代工場で作られた黄金千貫芋焼酎「まろやか芋」本当にまろやかで癖が無くて飲み易くて美味しかったです。坂本部長ご馳走様でした。・・・古越龍山貴梅酒を中国へ売込みましょう。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5