北海道網走「こまい」「ホッケ」、和歌山の「紀州梅鶏チキンカツ」、神戸中央卸売市場から「カラスカレイの煮付け」など

2019年3月13日(水)今日は、弊社の冷凍・常温商品の物流センター運営を一切委託させて入荷・検品・在庫・おかずセット組み・各販売チャネルからの受注・ピッキング・出荷まで全ての庫内業務を担っていただいている庫内業務関西最大手の間口ホールディング取締役COOより、香港や台湾シンガポールの高級スーパーや百貨店、日本料理店へ日本の食材を輸出している世界市場の村田社長様をご紹介いただきました。・・・既にご存知の通りアジアの主要国では経済発展と共に和食がブームとなり香港の国際有限公社の百農社様が展開するおにぎり専門店は今年中に100店舗を超える勢いで伸びているそうです。飲食店も和食ブームで宅配料金が高い香港ではネットで注文して店頭で引き取るサービスが人気だそうです。本日はわんまいるの日本の食材100%使用し、日本で作った冷凍惣菜にご興味を持っていただき来社いただきました。おにぎり専門店には石見ポークの豚汁や京都洛西の筍のけんちん汁や北海道産鮭の粕汁などお奨めです。

本日の試食は、北海道網走水産さんから「こまい(鱈科)」を送っていただき塩焼きにして食べましたが、こまいなので焼くと身が固くパサパサで美味しくありません。一度煮付けてみるようにお願いしました。骨を完全に削除したホッケの身だけの干し物も焼いてもらいましたが、これは美味しいです。焼かずに自宅で食べたい時にトースターで簡単に焼けるのでそのまま販売するように指示しました。冷凍なので食べたい枚数だけ取り出してトースターで焼いて食べる、ちょっと肴が欲しい時に便利。3品目の紀州うめどりの大葉とチーズのはさみ揚げ、4品目の紀州うめどりのチーズ挟み揚げです。大葉とチーズの方が美味しく感じました。しかし衣の付け方や油の周り具合から何となく社食や産業給食に使われているような感じだと試食スタッフの声に商品企画責任者の吉川課長から「やめておきましょう」と、厳しい言葉が飛び出しました。5品目の豚肉のチーズはさみ揚げ、6品目の豚肉のミルフィールカツも同じです。ネタと衣の品質と付け方が気になります。早速石見ポークの薄切りもも肉のミルフィールカツを作るように指示をしました。

大阪市中央卸売市場水産仲卸の鮮食さんのカラスカレイの煮付けと神戸市中央卸売市場水産仲卸の財木商店様のカレスカレイの煮付けを食べ比べてみました。微妙に身の脂質が異なるように感じました。脂が乗っている財木さんのカレイの煮付けを採用することにしました。同じく財木商店さんから北海道産のスナカレイの煮付けの提案をいただきましたが身がイマイチで煮付けには向いていません。よく百貨店の惣菜売り場で見かけるカレイの竜田揚げに似ているようなので一度片栗粉を打って揚げるようにお願いしました。

宮城県石巻の本田水産さんに拵えてもらった三陸産の茎わかめと大豆の煮物は無茶苦茶美味しいです。何故こんなに茎ワカメが旨いのか?・・・実際に工場に行きましたが、御年72歳のお母さんが若い子を何十人も使い、何台もある20キロの銅釜で手作りで炊いていました。これだから旨いんだ!と、その時に思いました。通常は200kgの回転釜で自動炊きされています。しかもブランドの三陸わかめの茎です。甘くて柔らかくて無敵の味だと思いました。旬の手作りおかずセットノメニューに早く登場させたいです。


阪急百貨店惣菜売り場にも出店されている中華惣菜のパイオニア神戸のフーズパレットさんから、野菜も入った餃子スープ野菜を全て国産に切り替えた再試食が届きました。前回試食したものよりスープの色目が良くなり、野菜を替えるだけでこんなに違うのか?・・・と海外で作られた冷凍野菜は怖いな…とも思いました。実際に試食してもバッチ・グー。10月後半から冬のメニューとして採用させていただく予定です。自宅に居ながら本格中華スープを召し上がっていただけます。・・・

夕食はたった5分の簡単調理おかず、健幸ディナーを自宅で食べました。今日の献立は長崎県産の天然ぶりの味噌焼きです。通常よりも味噌を控えて塩分を調整、天然物は身が引き締まっているので味噌が染込みにくいのですが、だしと合わせた味噌を使用して真空パックする事で染込みます。丁度良い加減でご飯がすすみます。副菜の菜の花と高野豆腐の含め煮は、だしがしゅんでふくよかな食感で素人が作るのは難しい。アツアツの高野豆腐をフウフウ言いながらほうばると、ジュワーとだしが口の中に…これが含め煮の醍醐味だ!副々菜のほうれん草のお浸しも上手に湯がかれてアクもなくていい。本当は鰹節を添えてポンズをかけると最高。・・・ザ・和食を楽しませいただきました。美味しい。・・・

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5