肉だ!肉だ!世界一のブランド「神戸牛」のメンチカツに切り落とし、肉汁ジュワー よだれもジュワー

2019年3月26日(火)今日の試食は1940年に神戸市で創業の帝神畜産様から牛肉ブランド世界1位の神戸ビーフ100%のメンチカツが届きましたので揚げて試食してみました。神戸牛100%のメンチカツは初めて食べました。衣で包まれているので肉汁が外に逃げ出さずにナイフで切ると中からジュワーっと牛脂が溢れ出ます。この肉汁を見ただけでよだれがでます。ウスターソースをかけても牛脂ではじけます。これはうなるうまさです。美味しいフォアグラや鮪のトロを食べた時と同じく脳天を突き破る美味しさです。但し衣が固いので、出来ればわんまいるの協力工場でネタとパン粉を付けて揚げればもっと食味は上がると思いました。これは絶対に食べるべしです。

2品目はステーキや焼肉にカットする際に出る神戸ビーフの切り落としを何と200gを1,150円で提供頂きました。モモ・肩ロース・バラ肉が混ざっているので超お値打ちです。さっとフライパンで焼いただけですが、何もつけなくても旨味があります。柔らかく噛み締めると口の中できしみます。これだこれ!高級肉特有のきしむ食感。このまま販売するか、キャベツ・玉ねぎ・ビーマンなどと炒めて神戸ビーフの野菜炒めとして冷凍惣菜として販売するか悩みます。

食目は平成3年宮城県石巻市で創業の寿司ネタ及び海鮮生食用製品製造の東日本フーズさんから宮城県産の鯖の炙り押し寿司、宮城県産鮭の押し寿司、グリーンランドの甘海老の押し寿司の3品が届きましたので試食しました。サイズも食べ易いです。紅鮭かと思う紅色の美味しそうなネタに鯖も炙る事で旨さが増しています。プリプリとした食感の甘エビも美味しいです。

大阪ミナミ千日前に本店を構え、今ではアメリカも含め世界中にお店を拡大して、中でも僕の親友、㈱創楽舎の横井社長が店舗設計を手掛けるプレジデント千房は訪日外国人からも大人気です。そんな事もあり直接仕入れさせていただいているので他社より安く販売出来ます。今日はグルテンフリーの豚玉に定番の豚玉、だしで食べるお好み焼き、いか海老玉、4種類を試食。お腹がかなり膨れて来ました。中でもだしで食べるお好み焼きは意外と美味しいですが、昨日試食した石見ポークバラ肉のお好み焼きの方が試食スタップ全員一致で美味しいと言いました。やはり豚ばら肉の量が違うのと石見ポークの肉質とスペイン産の違いにあると試食して思いました。

最後に昭和49年富山県魚津市で創業の㈱かねみつ様から富山県の郷土料理で富山湾で獲れた魚介類を北海道のから運ばれた良質の昆布で〆た「車鯛」は江戸時代に広がったと聞きました。鯛・甘海老・ヤリイカの3種を試食させていただきました。醤油と練り山葵で頂きましたが、生姜か本山葵の方が合うと思います。このままより酢飯に海苔で巻いて食べる方が合うのではとも思いました。今度家でやってみよう!

今日の夕食は熊本県産のあさりと青森県八戸水揚の福栄丸さんの紫イカと長崎県対馬の原木椎茸に北海道噴火湾産の帆立貝が入った正にご当地海鮮グルメの八宝菜を主菜に牛蒡と国産牛肉の旨煮に小松菜と薄揚げのお浸しのセットを食べました。どれも美味しかったです。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る