昼も夜も大好物「赤丸の特ラン」に「自宅のモダン焼き」・・うまい!

2019年3月31日(日)今日は11月のグルメカタログ&通販サイトの掲載プラン計画の確認を行いに梅田オフィスに出社。11月と言うと丁度今の逆で秋から冬へ向かう季節の変わり目です。日本人は15℃を境目に暖かいもの冷たいものと食のニーズが変ります。自動販売機の設定も15℃を目安に行います。それと日本人は食材によって季節を感じる国民性で、11月6日「かに解禁」に合せて「蟹」が売れます。3月4月は「筍」が人気なのと同じで季節を代表する旬の食材を使った料理が人気です。一昨年から鳥取県庁の紹介で米子・境港商工会議所様と提携、境港は紅ずわいがに水揚げ日本一で地元の紅ズワイカニ専門の前田水産様に協力いただき、浜茹での蟹身を提供いただき京都の老舗料理屋「桂茶屋」さんで紅ずわいがにのちらし寿司や炊込みご飯に蟹汁、大阪の矢田健商店さんで「カニカニ炒飯」「蟹クリームコロッケ」健幸ディナーとして「天津玉子の蟹あんかけ」「紅ずわいがにの蟹まん」「蟹トマトクリーム生パスタ」更に昨年大好評いただいた缶詰向けの底引き網みで捕獲した足折れ蟹を前田水産社長が自ら選別して浜茹で紅ずわいがに直送を今年も計画します。プロが選んで浜茹でした紅ずわいがにを浜値でお届けします。そして神戸ビーフの切り落とし肉を使用した世界一のブランド牛、レンジでできる「神戸ビーフのすき焼小鍋」レンジでできる「京都九条ネギの鴨南蛮蕎麦」「広島牡蠣の寄せ鍋」「広島牡蠣フライ」そして早くもおせち料理の予約、そして幻の魚のどぐろを使った「のど黒めし」をこしらえて見ようかとプランしました。
あっという間のランチタイム。月に一度の散髪がてら生まれ育った大阪市港区の赤丸食堂に特ランを食べに行きました。最近はテレビや雑誌に取上げられ、遠くからも大勢の人が行列が出来る曜日もあるようで、2時というのに満席です。カウンター2席だけ空いていて良かったです。中学の後輩、二代目四宮店長が挨拶してくれ子供の時から食べ続けている特ランを注文。ウスターソースも地元の弁天町の三晃ソースです。僕は他の店の豚カツはヘレカツしか食べられないのですが、赤丸の特ランにセットされている豚カツは衣の味付けが独特で美味しくて食べれます。デミグラスハンバーグも何とも言えない懐かしい味に大好物のマヨネーズがたっぷり乗せられた赤ハム。この赤ハムに千切りキャベツを巻いてウスタソースをかけて食べるのが何よりご馳走で涙がこぼれます。最近はメニューが増えて「市岡海老蔵」や「天保山盛り」など港区にちなんだエビフライやチキンカツなどユニークなメニューが若い女子にも受けてユーチューブやインスタグラムでの投稿も多く、それを見てわざわざ食べに来る人も多いようです。四宮君頑張りや!

梅田オフィースに戻り明日の部門長ミーティングの資料に目を通して、自宅最寄り駅前のフィットネスクラブ「テップネス塚口店」に立ち寄り、自宅で久々にモダン焼きを作ってもらいました。分厚い鉄板で焼き上げたモダン焼きは最高に旨い!大好きなスルメイカと千切りキャベツもどっさり使っているから、いかのだしとキャベツの甘み、天かすの脂質が混ざりあって脳天を突き破る旨さ。ホットプレートではこの味は出ません。嫁の父が結婚した再に作ってくれた分厚い鉄板も35年使い込んで脂が染込んています。ガス火でしっかり焼くから旨い、皆さんにも食べてもらいたい旨さです。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5