離乳食にお奨め無添加のお米シロップ、岡山のノートルダム清心女子大学吉金准教授もお奨め!

2019年4月25日(木)今日は3月幕張の国際展示場で開催されたフーデックス(食品国際見本市)で目にとまった、無添加味噌、麹、そしてお米だけで出来た無添加シロップを製造されている、岡山県倉敷で創業100年のマルクラ食品有限会社さんへ訪問。平素、米シロップや麹などの開発で協力されている岡山市のノートルダム清心女子大学様へご一緒し、人間生活学部食品栄養学科の吉金准教授をご紹介いただき、冷凍しても細胞が壊れづらく、カイワレ大根やエノキから抽出した不凍タンパク質や不凍糖分があると教えていただきました。冷凍食品業界では冷凍技術や機械にばかり注力されていますが、冷却の仕方や冷却の温度が食味に影響を及ぼすなど含め知識が弱く、吉金准教授のように冷凍技術ではなく、天然由来の食品添加物による細胞やタンパク質を壊れにくく、劣化を防ぐ研究に注力している業界の人は少ないと思いました。既に冷凍プリンなどの冷凍食品で実証され、取り扱いが進んでいるとおっしゃっていました。そんな意味で日本は冷凍食品に関しての研究開発は優れているなぁと関心しました。


途中で三木のサービスエリアに立ち寄り、フードコートの売れ筋を確認すると、1位がローストビーフ丼(ステーキ丼)1,380円、2位がダブルローストビーフ丼1,980円、3位が鯖の塩焼き定食がトンテキ定食1,200円に替わっていました。メニューの記載も中国語が加わり、一時客が落ち込んでいた高速道路のサービスエリアもシニア層のドライブ増加とインバウンド効果により客数が増えて来たようで、ランチの値段も1,000円以上が売れ筋となりました。新しく大阪名物「紅しょうが天」が売り出されていたので、お土産に「紅しょうが天チップス」を購入しました。



ノートルダム清心女子大学から倉敷市のマルクラ食品さんへ向かい、近くの美味しいうどん屋「鶴璃:ツルリ」を紹介してもらい行ってみました。まるで僕に当てつけのような店名のお店です。お好きなうどんをレジで注文し、代金を支払うとその隣に並んでいる小鉢を3品とデザート1品を選べる仕組みになっています。こんなの初めてで凄いボリュームです。僕は天ぷらうどんを注文したので小鉢は2品にしました。二代目をお嬢さんが承継した手打ちうどん店のようです。手打ちらしい太麺で天ぷらも籠盛りで沢山入っています。これで800円は安い。岡山は100円メニューを売りにする「ちゃちゃっと食堂」もあるぐらい安い店が沢山あります。



倉敷のマルクラ食品さんでは、アメリカで僕も見学した事がある無添加や有機野菜などを取り扱うスーパー「ホールフーズ」等で人気の無添加・塩分5%の白味噌や玄米甘酒が人気だと聞きました。健康と美容に効果的との事で、アメリカやヨーロッパで日本の白味噌や甘酒がブームになって来たようです。



岡山から梅田のオフィスに戻るも連休前なのか市内に入る阪神高速が渋滞です。夕方はスポーツジムが定休日なので、前から一度試食して見たかった立ち飲み「赤垣屋」ホワイティー梅田店へ並んで、念願の「ミニ焼きそば200円」「盛まぐろ390円」「焼き鳥200円」「ポテトサラダ160円」「ごぼうサラダ160円」生ビールと焼酎水割りを飲んで1,800円と安い。まぐろの刺身以外は全てわんまいるで販売しているメニューばかりなので厨房設備が乏しい立ち飲み屋さんやフードコートで使用してもらえればと思いました。ごぼうサラダなんか同じ味で、わんまいるはこれにひよこ豆が入っていて美味しいです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る