美味しく食べて戴く為の試行錯誤、ポムの樹さんを試食し、つくづく重要だと思いました!

2019年4月26日(金)今日は4時30分に起床して西日本最大の大阪市中央卸売市場に買い付けに商品企画部の吉川課長と行きました。魚は本当正直で、最近の寒の戻りで水揚入荷している魚は春を告げるメバルや鰆、まだずわいがにやカレイも入荷していました。完全に気候がおかしいです。鮮魚仲卸最大手の㈱利州さん初代上田社長が真っ先に声をかけてくれます。「今日はメバルと脂の乗ったかますがお奨め!天ぷらにしたら美味しいで!うちの孫もパクパク喰いよる!」と大阪の商売人らしくお奨め上手。ふと横を見るとシーラが高知県から入荷して来ています。僕も鮪釣りの外道でシイラが釣れますが、鮮度が良ければ抜群に美味しく脂の乗ったハマチやヒラマサに似ていてフライにすると美味しいです。丁度連休明けに高知県からお誘いいただき訪問するので漁港に立ち寄りたい思いました。市場便のルートがあると商談がスムーズです。年間通じて取組めればと思いました。塩干仲卸最大手の㈱三恒さんも三代目三上社長がご挨拶いただき、お願いしていた鰯明太子のサンプルをもらいました。北海道から以前おかずセットメニューに取り入れていましたが、ロシアとの関係で入荷しなくなった宗八カレイの半生干しが安定して入荷してくるようになったと提案いただき、早速メニューに復活させようと思いました。全国各地から集まる魚介類、上手くコミニュケーションを計り情報次第では安くて美味しい品物が買い付け出来ると思います。利州さん、三恒さんいつもありがとうございます。場外の焼き専門店カネスイさん、煮付けるのが上手な吉フーズに矢田健さんに調理してもらい試食します!焼くのが難しいいわし明太子などレンジで簡単に出来れば喜んで頂けると思います。


いつもの朝食を済ませてオフィスに到着。今日は午後から役員会議・部門長会議の日で、午前中は社外取締役でリライズコンサルティング株式会社社長の中山先生と打合せ、ランチは大阪府茨木市で創業1990年(平成2年)喫茶店「ポムドテール」から発祥、細々と経営していたが業績不振の為心機一転枚方市へ移転後業績は上向き、規模の拡大と共に長らくの間、食材の調達など苦心する日々が続き試行錯誤を重ね味の評判が落ちた時期もあったが、近鉄百貨店枚方店に出店を機にオムライス専門店としてオープンさせたことを機に新規出店を積極的に行い現在全国に99店舗展開するオムライス専門店「ポムの樹」に創業時の洋食専門店「ポムドデール」創作蒸し料理専門店「蒸樹庵」など他店舗展開されている「ポムの樹」ホワイティー梅田店からテイクアウトして試食しました!トマトソースがしっかりかかると言うよりオムライスの浸るぐらいです、ジョリーパスタもパスタがソースで浸るぐらいで、どうもソースが浸るぐらい多めというかソース、だし、スープが決め手のように感じます。オムライス自体は食べ易く具材に特徴がある訳でもない。先日の金沢で人気のハントンライスもそうで濃厚なケチャップソースとホワイトソースがたっぷりかかっていました。それにふあふあ!ふんわり!と玉子が人気です、プリンもベビーカステラも卵の配合割合で人気の是非が確定するように思います。常に消費者の嗜好・ニーズの変化に敏感に対応する事がお客様満足の追究だと思っています。



午後から部門別会議を終えて明日から創業初の10連休に突入!と言っても食品庫内作業関西最大手の間口ホールディングス様に全て委託している物流センターは休まず動いてくれています、インターネットも注文受付24時間休まず動いており、一品からの注文でも自動で伝票がプリントアウトされピッキングして梱包してクロネコヤマトさんがお客様宅まで届けてくれます!センターには全国の専門店に作って貰った冷凍のおかずやご当地グルメが棚に解りやすく並んでいます、バーコードで読み取りピッキング間違いを防ぎます、将来これらの業務はロボットが担うようになると思っています!えらい時代となりました。
帰りにスポーツジムに立ち寄り、家内から梅田オフィスを出るのが遅くなったからとメールが入ったので近くに前から気になっていたお好み焼きさんで広島焼きを試食して見ました。何んでこんなに美味しく感じないのだろうか?と豚肉のスライズ厚い割には脂質が生地に染み込んでません!豚肉の選定ミス、いかはするめいかを使用されているのに勿体ない、麺は太麺を使用キャベツからの離水で柔らかくなり過ぎ、このとろみを売りにするなら天かすとだしを工夫して濃厚な味になるようにしないと勿体ない、頼んでもない生地の上に卵を乗せて焼いているの焼き過ぎ!どうせ乗せるなら半熟で乗せないと意味がない!ソースへのこだわりもなさそう。ポムの樹さんでないが積極的な試行錯誤お願いしたいと思いました!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る