熊野牛・湯浅天日干ししらす・有田みかんの「丸ごと和歌山カレー」 全員が旨い!

2019年5月17日(金)今日は役員会議の日です。ランチは役員全員で取扱商品の試食をしました。今日はグルメサイト&カタログでも人気の「和歌山カレー」を食べました。和歌山市内で行列が出来る精肉直売店と土曜、日曜は予約が取れない人気焼肉店「牛侍」を本社精肉加工場の敷地内で運営するミートファクトリーさんの人気カレーに、湯浅で百年ずっと天日干ししらすを製造しているまるとも海産さんの天日干ししらすと有田みかんをトッピングした地元の食材と地元の名店とのコラボカレーその名も「丸ごと和歌山カレー」です。社外取締役のリライズコンサルティング社長の中山先生からレトルトにして県内のドライブインや道の駅で販売したら凄く売れるように思うと言われました。和歌山県食品流通課さんにも協力していただければと思いました。これまた後世に残るご当地グルメになるように感じました。


午後からは部門毎の戦略会議に関西学院大学教授で地域活性化支援機構にも席を置く西本先生にオブサーバーで参加いただきました。みっちり15時まで行い、内容の濃い会議となりました。、その後もそれぞれ個別でミーティングをし、アッと言う間に18時。働き方改善を自ら執行、早々にオフィスを出て、自宅最寄り駅の阪急塚口駅前のフィットネスクラブ「テップネス」に立ち寄り、クロストレーナーで有酸素運動を行い、風呂に入り帰宅。晩ごはんは時短 調理 冷凍タイプの夕食おかず健幸ディナーを食べました。献立は和歌山県が推奨する梅干しを漬ける際に出来る抗菌作用が強いアミノ酸とクエン酸が豊富な梅酢を飼料に配合して育てた紀州うめどりを味醂・清酒・湯浅醤油で炊いた「紀州炊き」です。プリプリとした弾力があり、その上柔らかい肉質でいゃー旨いです。副菜の「大根と人参と厚揚げの炊合せ」も醤油・砂糖が控えめに炊かれていて丁度いい感じ。、「国産大豆とこんにゃく・人参の五目煮」も醤油・砂糖控えめで、タンパク質豊富な国産大豆が美味しいです。健幸ディナーは副菜1品80gが2品セットされているので野菜がしっかり取れて健康的!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る