宮崎県黒毛和牛と黒豚のハンバーグを夕食おかずセット健幸ディナーに採用!

2019年6月5日(水)今日は冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーに採用するメニューの試食です。
まず1品目はわんまいるグルメカタログに掲載してバカ売れしている宮崎空港のお土産売場でも人気の宮崎県三股町の県内大手畜産食肉加工会社を営む中村食肉さんの「宮崎県産黒毛和牛と黒豚のハンバーグ」にデミグラスソース(※合成保存料・合成着色料無添加のデミグラスソース)を付けていただきました。大分ご当地グルメ「豊後のとり天」や山形県の米沢牛の「芋煮」、宮城県の「金華鯖の塩焼き」に続き、今回は宮崎県を代表する「黒毛和牛と黒豚ハンバーグ」がおかずセットメニューに加わります。センターで副菜とキット組みして5食セット単位でお届け。ご家庭で冷凍庫で保管し、夕食のおかずとして湯せん調理して、お皿に盛り付ければ出来立ての料理が味わえます。その献立メニューに全国各地のご当地グルメや郷土料理など地元の有名専門店さんの味を採用していっています。買物に出かけなくても自宅に取り寄せて、食べたい時に最速5分の簡単調理のわんまいる健幸ディナーは便利です。

2品目と3品目は大阪西区の吉フーズさんに調理してもらった10月4週目予定の先日大阪市中央卸市場で買い付けた「北海道産の宗八カレイ一夜干しのから揚げ」と「煮付け」を試食しました。上手く揚がっています。煮つけも身がポロッと取れて美味しいのですが、やや塩が強めで1食当たり塩分3.5g未満を規定にしている以上取扱い出来ないので、メーカーさんに干さずに塩もせず、はらわたと鱗だけ処理した宗八カレイを供給して欲しいと頼んでみる事にしました。



4品目は9月4週目予定の富山県の三和製玉さんの天津玉子を吉フーズさんに入れて、山形県最上きのこあんかけに緑が欲しかったので枝豆を加えてもらいましたが、違和感があるのでやめて、代わりに細くカットした人参を加えるようにお願いしました。



5品目と6品目は、先月訪問した高知県四万十町のあぐり窪川さんから「四万十ポークの豚まん」と「四万十ポークの肉しゅうまい」が届きましたので試食しました。焼売は現地で食べたのと同じですが、豚まんが楕円形になって現地で食べたふっくら感がありません。もしかすると現地で食べたのはチルド商品で冷凍すると生地が固くなるのかとも思いました。



最後にフランスの高級冷凍食品ピカールさんの鶏肉と夏野菜のぺンネグラタン風を試食してみました。大味なのでフランスで製造しているか確認すると福岡で作られています。グラタンと書かれている割にはベシャメルソースが使われてなく、赤ピーマンと玉葱、ズッキーニ、鶏肉、人参をスチコンで加熱してチーズとトマトソースをトッピングした感じで、電子レンジで解凍しましたが、本来はオーブンで焦げ目が付くぐらい焼いた方が良いように思いました。僕ならベシャメルソースを使用して濃厚な味に仕上げ、トマトソースだけでなくミートソースをトッピングしたらチーズとベシャメルソースの濃厚で甘い味と味わいとコクがあり、少し酸味のあるトマトソースが絡み合って贅沢な味わいが楽しめると思いました。ペンネをやめて鶏肉とズッキーニを増やせば創作南仏料理になると思いました。早速試作するようにお願いしました。



本日も仕事を定時に終わらせて、自宅最寄り阪急塚口駅前のフィトネスクラブに立ち寄り、軽く汗を流し自宅に戻り夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は、梅干しの漬ける際に出る抗菌作用が強くクエン酸豊富な梅酢を飼料に混ぜて育てた「紀州うめどりの筑前煮」です。大きな国産の牛蒡やんにゃくにもだしが染込んで美味しいです。何となくホットしますよね。ほうれん草のすり胡麻和えも胡麻臭く無くてほうれん草の湯がき具合も丁度いい。アクも感じなく美味しいです。千切大根少し甘いかなぁ?と思いながら夕食を楽しみました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る