高知名物芋ケンピで仕上げたブランド豚 四万十ポークのトンテキ。臭みない脂質で甘くて絶品!

2019年6月11日(火)今日の試食1品目は、大阪市中央卸市場 塩干仲卸最大手の㈱三恒 三代目三上社長に、美味しい博多名物「いわし明太」が無いかとたずねた所、自信を持ってお奨め出来るものがあるという事で提案いただき、早速場外(市場の周辺)の焼魚では関西で3本の指に入る焼魚専門加工会社㈱カネスイさんに手焼きしてもらった「いわし明太」が試食室のテーブルに上がりました。
レンジで簡単に出来上がります。凄い大きなサイズにビックリ!まんまると太った立派ないわしです!頭と内臓を取っていますが、ゆうに100gは有りそうです。そして見るからに美味しそうでこんがり焼けていい匂いが漂います。箸を入れると身がポロッと取れます。新鮮な証拠ですね。通常明太子はロシア産が多い中、このいわし明太に使用されているのは国産たらこです。いわし明太に使うものに国産を使用していると言うこだわり様は初めてです。これはさぞかし旨いのではと思い食べてみると全く臭みがなく、脂がジュワーと滲み出てきて、炙られた明太子のプチプチ感が堪りません!いやーこの美味しさには驚きました。明太パワーに感動!試食スタッフも次々に箸を口に運びこれは美味い!と口を揃えて言ってます。正にトロ鰯です!ご飯のおかずにお酒の肴にこんな美味しいいわし明太子は初めて食べました。福岡空港売店で売っている品物より5倍は美味しいです。しかカネスイさんが焼いただけあって旨い!さすがです。自宅では焼き方が難しいいわし明太が簡単にレンジでできる「トロいわしの明太焼き」完成!あまりの美味しさに明太子の量を減らして、おかずセットに採用したいと思いましたので早速加工会社と交渉するように伝えました。

2品目は、2018年日本ふるさとギフト大賞受賞の奈良県の梅守本店さんから奈良の名物「柿の葉寿司」を作ってもらいました。鯖2貫、鮭1貫、名物わさび葉寿司の鰻と鮭の5貫セットです。試食すると少し塩が多く感じたので、半分に減らすようにお願いしました。



3品目は、㈱食研さんから豊橋工場で作ったレンジでできる名古屋名物「味噌カツ」が届きました。30g×8個入で880円とリーズナブルですが、豚肉が海外産で美味しくありません。



4品目は先日訪問した高知県四万十町のご当地グルメ四万十ポークのトンテキです。提供は四万十町で1972
年に創業のデュロックファームさんです。デュロックファームさんは四万十ポークの養豚から加工・販売・飲食店の経営と幅広く事業を行っています。現在四万十町には3社の養豚場がありますが、デュロックファームさんでは出産3ヶ月間は魚粉で育て強い骨格を作り、その次に胃袋を大きくする為に野菜を主に食べさせて、その後太らすのに穀物類を食べさせるそうで、一般的にはここで終るのですが、仕上げに高知県の名物「芋ケンピ」の端材を買い受けて食べさせて、脂肪を付けているので甘くて脂質の高い豚肉になるそうです。豚独特の臭みがありません!脂質の好きな方には「トンテキ」はこの上ないご馳走だと思います。今回は150gで提供頂きました。フライパンで強火でさっと焼いて、お好みでステーキソースでお召し上がり下さい。脂質が多く、身が柔らかいのが特徴です。とんかつにしても脂身の好きな方は喜んで頂けると思いました。先ほど食べた味噌カツに使われている海外産の豚肉と全く食感も食味も違います。最近は国産ブランド豚の品質がすごく良くなって来たと思います。日本人が日本の豚肉を食べる当たり前の事を推奨しています。



午後からは経理をアウトソーシングしているエアーズ取締役の中村先生と打合せ。食材仕入れが値上りして来ているので利益が低くなって来ていますと指摘を受けました。ツイツイ美味しい食材を多く使用しようとすると仕入原価が上がります。皆さん美味しいと言ってくれるのでツイツイ利益度外視になってしまいます。

今日も定時で退社し、自宅最寄り阪急塚口駅前のフィットネスクラブに立ち寄り、汗を流し近くの「いかりスーパー」創業地の塚口店に寄って惣菜売り場を観察し、手羽先の甘辛焼きとジャーマンポテトサラダを買って自宅で試食して見ました。



焼かれてから数時間経っているからトースターで炙るぐらいでは美味しくなりません。そもそも生で販売している手羽先と惣菜に使っている手羽先とサイズも質も違います。元々スーパーの総菜は売れ残りを調理して惣菜として売っていた。食中毒を起こさないように砂糖や塩を多く使う。ここが原点ですから未だに惣菜に使う食材は百貨店と異なり廉価なものが多いように売場を見ていて思います。ポテトサラダも野菜が殆ど入ってなく、じゃが芋本来の甘さが感じられない。久しぶりにいかりで惣菜買ってみましたが、以前に比べて質が落ちたように感じました。関西を代表する高級スーパーなので頑張ってもらいたいと一人のいかりファンとして思いました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る