とろみのある大阪産ソースで大阪産キャベツの焼きそば、焼きめしも食べたい・・

2016年6月14日(金)今日は午前中役員会議、午後から各部門長も参加しての戦略会議です。ランチは役員全員で、販売している冷凍惣菜を食べます。本日の献立は、京都桂茶屋さんに作ってもらった具付稲荷寿司(ちりめん山椒・三陸煮穴子・牡蠣佃煮・丹波黒豆)に「大阪ソースの泉州産キャベツと石見ポークの焼きそば」のセットです。大阪は第二次大戦前までは日本でも有数な畑作地域で、玉葱やキャベツ、トマト、ネギ、里芋、大根、茄子など多くの野菜が栽培され、聖徳太子が放った遣唐使小野妹子が唐から苗を持ち帰り、難波にネギを植えた事から南蛮となまり、京阪神に広がったと聞いています。今日十五夜の月見には団子とされていますが、本来大阪泉南地域で初秋に収穫される里芋を神様にお供えする事から稲作に替わった江戸時代にお米で作ったおはぎを神様に供えるようになったと言い伝えられています。旬の食材を神様に供える際に膳にのしを敷き、器に盛り付ける事から古代象形文字で「器」と書いていたそうで、現代語になり「良い人」と書いて「食」と読むようになったとの事「良い人」=良い食べ方とも言われています。美味しそうに器に盛り付ける事で唾液をだし、消化を助け胃腸で栄養の吸収を良くさせ、単一の栄養だけを取り入れても吸収されにくく、食べ合わせる事が大切で、タンパク質主体の主菜に、緑葉野菜を副菜に、穀物を副々采になど「三菜」とバランスよく食べ合わせる事で栄養を体内に吸収させる事に役立つと弊社顧問の免疫学専門の廣瀬まゆみ医学博士から聞きました。特に旬の食材は栄養価が高いので「初物を食べると長生きする」と言う諺が言い伝えられています。トマト・玉葱が豊富に採れる大阪では捨てるのが勿体ないとして煮込んでソースを作り、天ぷらやお好み焼き、たこ焼きにかけて食べられるようになりました。だから大阪市内だけでも沢山のソース会社が存在しています。最近はご当地ソースがひそかなブームになって来ています。僕は子供の頃、焼きめしはトロっとしたお好みソースで焼いて食べるのだと思っていました。のちに大衆中華料理店が出来て「炒飯」を食べてその違いを知りました。だけど僕は大阪お好み焼きソースのキャベツ炒飯の方が好きです。皆さん簡単に出来るので今年はキャベツが安くて美味しいので細く千切りにして天かすと冷ごはん(冷蔵庫で半日~1日ラップして乾燥させる)とでフライパンで油を敷き先に冷ご飯を炒めて馴染んだらキャベツと天かすを加え、お好みで先に焼いた豚ミンチ肉かいかでも加えて強火で炒めて下さい。キャベツの食感があるぐらいがちょうどよい焼き加減です。

定時で仕事を切り上げ、自宅最寄り駅前のスポーツクラブに立ち寄り自宅に戻ってたった5分の簡単調理冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は宮城県気仙沼漁港水揚の鮪の唐揚げをキャベツと人参・玉葱を加えて溶き卵と和風だしで炒めた「チャンプルー」が主菜です。僕はこの和風だしが玉子に染込んだチャンプルーが大好きです。宮城県庁食産業振興課さんから復興が遅れている気仙沼の支援を頼まれ、地元の水産加工会社が作る鮪の唐揚げを仕入れ、チャンプルーにしたところ結構美味しくて好評です。副菜には「ひじき煮」と「ブロッコリーとオニオンスライスのサラダ」がセット。ひじき煮は、醤油味が少し濃い感じがしました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る