これはやられる!噂の鳥取和牛のオレイン酸だ!人生初の肉質に驚きました!

2019年6月20日(木)今日は中小企業庁が主幹するミラサポの専門家派遣からの要請を受けて、先月社員研修で来社された鳥取県倉吉市で弟さんが家業の鳥取和牛の畜産を行い、5年前に鳥取和牛の美味しさを地元の人のみならず県外の方にも広く知ってもらいたいと焼肉店と精肉店及び精肉卸業を営む㈱あかまる牛肉店さんへ商品開発及び販路拡大支援に行きました。
大阪駅7時36分発の特急はくとに乗り、3時間かけて倉吉駅に到着。
あかまる牛肉店 鳥飼社長が出迎えていただき、本店の移転工事現場に向かいました。ざっと100坪は超える建坪で1階は焼肉店と精肉加工場、2階が本社事務所です。


本社を移転され新設されるなら事前に相談してくれたら学生時代からの友人で店舗デザイナーで著名な㈱創楽舎の横井先生を紹介したのにとお伝えして僕もこう見えても飲食業界の方が関わり合いが長く、通販の方がまだ浅い事をお伝えしました。工事現場を見せられ意見を求められました。衛生管理が重要で、この手洗い場では少し厳しいですね!と指摘させていただきました。、皆さん洗浄と衛生を一緒だと思っている方が多く、汚れを落とす薬品と菌を死滅させる薬品と性質が異なる事をお伝えしました。製造工場は流れ(工程)が重要で、それぞれ行程ごとに仕切りを入れる事も衛生上必要です。特に異物混入と衛生管理です。従業員とご家族の体調管理は凄く重要で、食中毒の原因の多くを占めています。工事中の本店から車で15分の実家の鳥取和牛の畜産牛舎に向かいました。



弟さん34歳が挨拶してくれ偉い年が離れているかと思うと鳥飼社長が老けて見えるだけで37歳と聞いてびっくりしました。てっきり45歳は超えているかと思っていました。(失礼しました。。)80頭ぐらいの小さな牛舎で補助金に頼らず、100%自己資金で運営されているとはご立派ですが、自治体や県を巻き込み神戸牛を筆頭に山形県や佐賀県、宮崎県みたいに海外への輸出に力を入れないと勿体ない。昨年は台湾が牛肉ほ解禁し、香港やシンガホールも近々だと思いますと言うと、鳥取県の畜産処理場の衛生管理基準が低く、タイとベトナム以外の国の審査基準に通らなくて遅れているとの事。それならなおさら鳥取和牛の売り込みを強化して自治体や県がほっておけないぐらいにしたらと提言しました。鳥取和牛は日本の黒毛和牛第一号で全国に黒毛和牛を広げたパイオニアです。オレイン酸が55%も含まれている脂質も日本トップレベルと聞いており、牛舎から車で15分焼肉店を営むハワイ店に移動。ランチに鳥取和牛の焼肉を試食させていただきました。



正直たいした事は無いと思っていましたが、食べて見てびっくり!これ雌牛ですか?と思うぐらい肉の色も穏やかで食感が柔らかく弾力があります。そしてこれがオレイン酸だと思うぐらい噛み締めた瞬間に脂がジュワーとしたたり出ます。全く脂臭くありません。しつこさも感じません。お奨めのタレは「倉吉名産山葵オイル」と「岩塩」でと言われ人生で初めて「山葵オイル」を口にしました。



オイルの滑らかさとツンと来る山葵の味が岩塩に交じり合い脂質の高い鳥取和牛と相性抜群!この濃厚な肉味はメスではないと思い去勢牛ですかと訊ねると去勢牛との事!だけどこの肉質なら女性の方にも人気があると思いました。こんな肉質はこれまで食べた事かありません!神戸牛・松坂牛・近江牛・飛騨牛・宮崎牛・山形牛・米沢牛・前沢牛・上州牛・島根和牛・・・そうだ佐賀牛が似ていると思いました。但し佐賀牛の方が塩分が多いように思いました。ちなみにメス肉はどこに出しているのですかと訊ねると、東京の客単価4~5万円の鉄板焼店だとの事です。なるほど!そんな鳥取和牛が何と2,500円でランチ、ディナーコースは3,000円から絶対お得!県外から食べにくる人いているでしょ?と聞くと東京から米子空港経由で食べに来られますとのこと。出来れば遠赤外線で火力が強い熔岩や紀州備長炭など強火で表面を焦がしてレアーで焼いて食べるとこの肉の特徴が味わえますよね。このサーロインを串の坊さんのような高級串揚店で食べてみたいと思いました。午後から故郷納税や通販、製造に関して僕の知り得る知識をお伝えしてあっという間に16時。
急ぎ倉吉駅まで車で送っていただき、揺られ揺られて大阪駅へ19時31分に到着しました。
そう言えば串カツ長い間喰ってないなぁ!と思い、新梅田食堂街の松葉さんに立ち寄り串カツを立ち食い!・・生ビールで一人乾杯!お疲れさまでした!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5