牛肉消費 日本一和歌山の肉屋が作ったコク旨デミグラスハンバーグ ソース増量で旨さもアップ!

2019年7月8日(月)本日の試食、まず1品目は昨年冬に大好評だった京都桂茶屋さんで作ってもらった「丹波地鶏のすき焼小鍋」です。昨年もそうでしたが「丹波地鶏の」と書いてある以上もっと鶏肉が多く見えなければなりません。そこで5ミリにスライスして大きく見えるようにして4枚にするように指示しました。味付けも醤油と砂糖だけにして具材からの出汁で食べるようにそれ以外の調味料は使わないように指示しました。丹波鶏、白菜、玉ねぎ、ごぼう、白ネギ、人参、水菜、焼き豆腐、うどん、白滝が入っています。水菜より春菊に替えるようにも指示しました。白滝意外と良く合います。



2品目は、先日大阪中央市場で買い付けた山口県産のモンゴイカの天ぷらです。柔らかくて味もしっかりして
美味しいです。見た目は天ぷらと言うよりかは唐揚げに近いので唐揚げに決定。


3品目は、牛肉消費日本一の和歌山県の精肉卸大手のミートファクトリーさんからデミグラスソースの異なる2種類の味とソース少な目と20g多めの2種類4品を試食しました。見た目も濃い方が本格的で美味しそう。当然食べても「濃く旨」で少しスパイシーで美味しい。肉の配分が多いので玉ねぎを増やすようにお願いしました。いやーコク旨スパイシーデミグラスハンバーグ旨い!肉屋が作ったコク旨ハンバーグ納得の逸品です!



4品目は、鳥取県倉吉市で焼肉店も展開している鳥取和牛専門店で実家が鳥取和牛畜産農家のあかまる精肉店様から牛肉しぐれ煮が届きました。前回試食させていただいた方が甘辛く美味しいです。香港のおむすび屋さん向けなので辛さだけを抑えて甘く煮付けて欲しかったのですが・・アジアの大陸は海に囲まれた日本より塩分に対しての味覚が薄く甘い味が好まれます。従って日本よりしょっぱさは半分に甘さは2倍が基準です。その基準を参考に南へ行けば行くほど塩加減は薄く甘さは濃くと思うと丁度良いです。



今日も定時で仕事を終えて帰りに自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に戻り、たった5分の簡単調理冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は鳥取県境港産のアジフライカンパニーと名乗る㈱角屋食品さんの「アジフライ」を主菜に「ゴーヤチャンプルー」と「大根のあおさあんとじ」のセットです。アジフライいつもより小さくなったように思いましたので明日確認してみよう!と・・・


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5