価格は2倍、味は5倍、納得の日本最高級! 北新地 グローバルとんかつ わたなべさんでした!

2019年7月11日(木)今日は東京から「リピスト」という名前で食品EC通販で欠かせない「定期購入ショッピングカート」を開発されている株式会社PRECEの岸田様と高橋様が来社され、情報意見交換させて戴きました。お二人とも地方創生への取組まれており、実際に中小機構様と地方の信金様と連携して地域経済活性化する組織(ネッパン協議会)に属して講演などに出向いておられるとの事。弊社の経営理念とも重なり、お互い協力して情報交換しましょうと今後、地方の特に食産業の振興に力を入れて行きましょうと議論しました。試食がてらランチに冷凍タイプの夕食おかずセット健幸デイナー「金華鯖の塩焼きセット」と「紀州うめどりの筑前煮セット」を召し上がって頂きました。いつもの冷凍とは思えない!凄く美味しいと評価頂きました!
他の冷凍おかずセットが美味しく無さ過ぎるのですよとお伝えし、そもそもわんまいるはご当地グルメ、郷土料理の宅配専門店からおかずとしてセット組みし出したので一般的に介護施設や病院向けに作っている調理施設で全ての献立を作っている仕組とは違うことをご説明させていただくと、だからわんまいるさんの献立メニューには各産地のブランド食材が多く使われているのですねと納得いただきました。

アッと言う間に3時間が経過、夕方はわんまいるの友情顧問、元大阪大学医学部で免疫力の研究、その後金沢大学で癌の研究に取組まれ、著書出版や講演など忙しくされている医学博士の廣瀬まゆみ先生が久しぶりに来社いただきました。廣瀬先生との出会いは、元々学会の為に家を空ける際に一緒に暮らしている老親に宅配食を用意してたがどこの宅配食も口にしない母がわんまいるの商品だけは面倒臭いなどブツブツ文句を言いながらも味は美味しいと定期購入していていたので、一度どんな社長かと逢いに大阪駅前で開催された経産省主催の買い物弱者対策事業のシンポジュームに僕がパネラーとして参加した際に名刺交換をさせて戴きました。それから弊社に毎月健康をテーマにブログとして執筆してくれています。本当は月に一度食事をご馳走する約束でしたが廣瀬先生も僕も忙しく、中々日程が合わなく今年初めての会食です。今メディアにも取上げられ話題になっている4月に大阪北新地にオープンした日本最高級とんかつ専門店「グローバルとんかつ わたなべ」さんへ試食しに行きました。



北新地本通り御堂筋側のアメリカ大使館の前から入った方が近く、故やしきたかじんさんが行きつけだったラウンジがあるダーリンビルの向いのビル2階です。カウンター5席にテーブル席が6席とこじんまりした落ち着いた雰囲気のお店で、さすが北新地と言った感じ。



コース料理(4,900円)前菜は湯葉のスムージーにあおさ、いくら、キャビアをトッピングしたアミューズ。


豚カツに関係ないのが前菜はどうか?と僕ならポークの肝臓や心臓のパテなどにします。季節のスープは夏野菜のトウモロコシのホタージュですが僕なら隠しに味に豚骨を煮込んだだしを加えて少し濃厚にします。



ちなみにわんまいるの和・ポタージュは隠し味に鶏ガラスープを使用しています。フォアグラを挟んだとんかつが出され、トリュフ塩や特製ホワイトソースが添えられています。



上手くナイフで切れなく衣も肉もフォアグラもバラバラになってしまうので、薄く切った上バラを2ミリスライスにしてミルフィーユ状に重ねて揚げ、その上にフォグラを置いて上からコク旨ソースをたっぷりかけた方がフォグラの旨味が活きると思いました。フォアグラは肉汁が加わって脳天を突き抜ける食味になります。少し癖があるので濃厚なデミグラスソースと合います。ここまではう~んと首をかしげてましたがメインに”とんかつサラダ”と書かれていますが何とだされたのは僕がこれまで見た事がない脂身が全くない霜降りロース肉のカツです。



僕は脂身が嫌いなのでロース豚カツは頼みませんが出て来て見てびっくり!人生初の脂身が無いロース豚カツを試食しました。ウッワー!やられる!この極上豚のロース肉ならではのはじけそうな食感、噛み締めるとオレイン酸がジュワーと口の中に、牛肉のオレイン酸とはまた違う、元気を食べている感じで一瞬にして感動に替わりました!ご飯が上品に少し盛られてそのご飯にかけたら美味しいですよとトリフがふんだんに入ったこだわり卵がけご飯の素、言われた通りご飯にトリフ入りこだわり卵をかけて混ぜて口の中に入れると鳥肌が立つほど美味しい!



これは社員全員に味合せたい!と思いランチはやってないのですか?と訊ねると多くのお客様からご要望いただくので8月から始めよと思っていますとの事。是非パートさんも含めて社員全員で食べに来たいと思いました。ロースでこれだけ美味しいので次にいつ来られるかわからないからついでに僕の大好物のヘレ肉(一般にはヒレ肉ですが、関西ではヘレ肉と呼びます)の豚カツも追加で注文!



少しレアに揚げられたヘレ肉のレア豚カツも初めて食べました。ローストは異なり上品な口当たりで肉の旨味がしっかりと産地を尋ねるとやはり関西では古くから養豚が盛んな三重県産です。弊社も三重県豚肉最大手のサンショクさんから毎年春にさくらポークを仕入れて生姜焼きと味噌漬けを販売しています。臭みない柔らかい旨味が特徴です。値段はとんかつ専門店さんの約2倍ですが味は5倍!一度は食べてみる価値有り!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る