今日はお墓参り、自分が一番歳下から一番年上に、一緒に行く人も変わっていく

2019年8月11日(日)今日は、兵庫県川西市のお墓にお参りに行きました。

いつも帰りに多田神社近くの日本料理「かぐらざか」に鉄板焼きのランチコースを食べに寄ります。一昨年まで一緒に来ていた母の妹が昨年亡くなり笑顔で隣に座っていたことを思い出しました。アサヒスーパードライとラベルも殆ど同じのノンアルコールビールドライゼロを一口飲むと炎天下の毒の暑さを吹っ飛びさせてくれます。前菜は焼き鱧と骨せんべいにツナと胡瓜の酢の物のプレート、トウモロコシの冷製スープ、多分地元で採れた野菜のサラダ、本命のステーキはまずは薄くカットし表面は少し焦がして中身はミディアムレアーにこの焼き方が僕は大好きです!フライパンとは違う厚みのある鉄板だからこそできるこの焼き加減、ステーキを目の前の鉄板焼きは日本が発祥で日本料理に分類されている事はあまり知らされていません。焼き野菜もおいしくて〆はガーリックライスを味噌汁と漬物で味わうのも日本流!これが海外から来る訪日外国人に人気です。こだわりの珈琲に卵多めの手作りプリン!飼い離し和系鶏の朝取り卵を早く使うか?使わないかによってプリンは全く味が違います。目の前のシェフと会話をしながら食べるのも大変勉強になり年に一度の贅沢に感謝。墓参り、自分が一番年下から一番年上に、一緒に行く人も変わって来る。正に人の世を感じます。


阪急塚口駅で降ろしてもらいスポーツジムで腕と肩と背中の筋肉を刺激して水風呂に浸かると気持ちいい!早めに自宅に戻ると食べたいなぁ!の口ぱしっていたのを聞いていたのか?何年食べてないのだろうか?大好物のそば飯を作ってくれました。今年はキャベツが豊作で硬いので千切りにしても食感が味わえて甘くて美味しい。旬のするめいかからだしが出て天かすとご飯とそばがお好み焼きソースと絡んで旨い。思わず奄美海運酒造さんから贈ってくれた「れんと」の水割りで合わしました。先週も銀平で米焼酎「鳥飼」を飲んで美味しいと思いました。どうやら米焼酎にトレンドの気配を感じました。鳥飼は泡盛ではなく球磨焼酎です。球磨半又はロック、三半(3分1)・・・刺身・天フラ・寿司・焼きそば・たこ焼き・トンカツ・ハンバーグ。。。水との割方一つで何でも合いそう!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る