美味しいものを先に食べると不味いものでも食べれるようになる!食べず嫌いを無くそう!

2019年8月12日(月)今日は振り替え休日ですが僕は週次業務の献立メニューの紹介文の作成、堀田の本音(今週のレポート)送信、ブログ、そして夕食おかずセツト健幸ディナー1月2月のメニューの確認を行いに出勤。珍しく通販事業部お客様サポートセンター長の石原君が出社して来ました。やはり長期の連休は気になるみたいで顔を出したとの事!お盆は墓参りぐらいで前もって有休を使い沖縄に家族旅行は済ませたとの事。上の娘が中学1年生なのでそろそろ家族旅行も終わりですかね?そう言えばうちも長女が高校に入りクラブで忙しくなり家族旅行は中止となりました。今はひたすら孫が大きくなり一緒に温泉に行くのを勝手に思い描いています。
ランチに誘うと石原君から社長のブログを見ていて前から食べたかった眠眠の餃子をリクエストされましたので向いのお初天神橋商店街の脇を入った所にある眠眠さんに行きました。

昭和28年大阪ミナミ千日前で創業、初めて焼き餃子を売り出し日本人の口に合うように醤油お酢を混ぜた餃子のたれを考案して大衆中華店を全国に広げた元祖として有名です。現在は三代目吉田社長が承継しています。石原君は麻婆豆腐と餃子セット、僕はホイコーローと餃子のセットを注文。中国人の料理人が作る本格中華で旨い。これで700円税込は安い!石原君は初めて食べる眠眠の餃子の旨さに二人前頼めば良かったと後悔していました。


夕方に仕事を切上げて自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り、腰・横腹筋・背筋・ウォーキングをして自宅に帰り夕食のおかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は多くの有名百貨店・食料品売り場のバイヤーや食品スーパーのバイヤーから絶品だと高く評価頂いた「宮城県三陸産の金華鯖」の塩焼きを主菜に「ほうれん草と人参の胡麻和え」に「大根のあおさ和風あんかけ」副菜2品のセットです。石巻漁港水揚され直ぐに三枚おろしにして遠赤外線のガス台で焼かれているので鮮度が良いから身がポロッととれます。しかも腹骨も取り除いているので食べ易いです。箸で身を取り出しほぐして食べます。いやー本当に美味しいです、全く青魚臭く無くこれが鯖か?と思うぐらい美味しいです。実はこれが日本の真鯖なのです。僕は幼い子供に是非食べて貰いたいのです!美味しいものを食べるとどんなものでも食べられます。ところが先に不味いモノ食べてしまうと美味しいものでも口に入らなくなります。いわゆる「食べず嫌い」に陥ります!特に離乳食が終わった頃から魚の身をほぐして食べさせて欲しいのです。しっかりとした骨格が出来上がると聞いています。特に日本人は昔から魚を主に食べて育って来ました。ところが高度成長時代に入り肉類中心の食生活に変り魚の消費が減少しています。現在長寿と言われている大正~昭和20年代までの高齢者は魚主体和食主体で育った人達です。かつて日本一の長寿で知られた沖縄も既に日本一ではなくなっています。それは食生活の変化によるものだとも言われています。しかも子供の頃の食事が凄く大切だと日本食育コミニュケーション協会代表石原奈津子代表も常に仰っておられます。食歴は学歴より大切だと!僕も食べず嫌いで育ちましたが自らがおかずの製造を行うようになり顧問に迎えた元帝国ホテルの料理長石川先生やサンブランシスコ日本領事館公邸料理人でどっちの料理ショー100回出演された近藤先生から美味しい料理を教わり随分好き嫌いがなくなりました。天然のだしでこしらえて国産ひじき煮と化学調味料を使った海外産のひじき煮とでは全く味覚は違います。契約農家が作った野菜と海外で栽培されカット冷凍された野菜と味覚はまったく違います。日本食材をまず幼い子供さんに食べさせてあげて欲しい。日本の食材の味覚を覚えて欲しい。ノルウェー産の鯖を食べて慣れた人には日本の鯖では脂質が少なく満足されないと思います。シマホッケと北海道産の真ホッケとの違い、これは魚のみならず野菜も含め豚肉・牛肉・鶏肉全てにおいて言えます。餌・育て方により全く違います。違いが解る人に育って欲しい、これがわんまいるの思いです!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る