吉本なんば花月地下の特設会場で「ザ・ぼんち」文化庁大衆演芸大賞受賞お祝いイベント開催!

2019年8月26日(月)今朝の気温何と22度、急に気温が10度近くもさがると肌寒く感じます。寝冷えで体調が可笑しいなる人も多いだろうと思い出社すると管理部の松本部長が高熱でダウン。松本が風邪を引くなんて珍しい。もしかすると今回初の夕食のおかず1食セットを店頭販売するに当たり土曜日も出勤して最終の商品カード印刷の詰めを行い出来上がった事もありホッとした気持ちと気温の変化で熱が出たかも?ホントご苦労様です。
今日の試食は京都桂茶屋さんに砂糖の代わりに天然果実のラカンカを使って「高野豆腐の含め煮」を試作してもらいました。「だし」も砂糖使用とラカンカを使用したものを作っていただき味を比べて見ました。従来の砂糖使用に比べて変な甘さがない分、パンチが効いた味になるので食材により浸透が違うとは思いますが見極めて分量を使い分けるとラカンカの良さが引き立つと思いました。変な甘さが無いので使い方次第で凄く美味しくなると思いました。特に味醂を使う煮魚や肉の旨煮等に向いてると感じました。


2品目は先週のやり直しの境港産紅ずわいがにの雑炊。酸味を感じたので確認すると、寿司に使う甘酢に漬けた紅ずわいがにを間違えて使ったそうで有り得ない。こんな間違いをされると困ります。本日もまた同じ酸っぱく寿司用のかにを使ったようです。



3品目は青森県産の帆立貝の炊込みご飯ですが、人参と油揚げしか入っていないので千切りごぼうを加えるようにして塩を50%減らすように依頼しました。



4品目は人気のタピオカ入りの杏仁豆腐を作ってもらいましたが食べられた食感でないから中止。

5品目は大阪市西成区の矢田健商店さんに依頼した「福井県小浜産さわらの煮付け」です。産地から大阪中央卸売市場に入荷した鮮魚を直ぐに加工して調理しているので身が柔らくて美味しいです。生姜の風味が強いので半分に減らすようにお願いしました。



6品目も大阪中央市場に毎日届く高知県土佐佐賀漁港水揚の「鰹と大根の煮物」です。冷凍ものとは異なり味が染込み美味しいです。



7品目は「神戸ビーフのそぼろ丼」。神戸ビーフの煮汁をご飯にかけてもらいました。凄く美味しくなりました。



夕方、全国通販様が来社いただき打合せ。その後懇親会に新梅田食堂街のいつもの大阪屋さんに行きました。早速大好物のポテトサラダにウスターソースをたっぷりかけて食べました。焼鳥も白ネギが甘くて美味しい。大阪名物トンペイ焼き、だし巻き、カルビ焼き、〆に大阪名物モダン焼き、最後に店前で全国通販食品の事業室マネージャーの西森様、FB事業部小嶌部長、メディア事業部西部長とおさむちゃんポーズで記念撮影。




ちなみに9月23日(月)秋分の日に吉本なんば花月の地下の特設会場で「ザ・ぼんち」文化庁芸術祭で大衆芸能大賞受賞お祝いのイベントを開催しますので皆さん来てください。申込は弊社山脇まで。。。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る