グルメカタログ990号のラフ確認、外は猛暑 カタログは寒い企画、もう続けて31年が過ぎました!

2019年9月7日(土)今日はグルメカタログ991号の出向前ラフの確認と989号の校正、990号の初校を行いに梅田オフィスに出勤。外は暑いのにカタログは寒い時期の暖ったか企画。もうこれを31年続けていますが、何とも切ない。トップページには冬の味覚としてカップ入りレンジで出来る「広島県産牡蠣の一人鍋」に兵庫県南あわじ市が力を入れる3年トラフグと淡路特産玉ねぎと魚のすり身を練り込んだ一口天ぷらを掲載。2ページのおすすめは紅ずわいがに水揚日本一の鳥取県境港産の本紅ずわいかにの炊込みご飯。京都の老舗桂茶屋さんに作ってもらいます。厨房内で水質検査で評価の高い超軟水の伏流水で炊き上げたご飯は格別です。同じく桂茶屋さんの紅ずわいがにのちらし寿司は、京都北部の郷土料理に真似て銀シャリの間に甘く煮た鶏そぼろを敷いているのが美味しさのポイントです。同じく京都らしく白醤油を使い昆布と鰹だしの「京おでん」は実に美味い。先斗町で食べると一人前1200円はします。更に青森県産の帆立貝の炊込みご飯と冬の人気商品がずらり!最近はレンジで手軽に食べられる米飯が凄く人気が高いです。京都冬のお煮しめセットに北海道産秋鮭の雑炊、そして6ページは大阪西成区創業94年の矢田健商店さんに作ってもらった境港産紅ずわいがにの炒飯です。焼く事によって蟹の風味がご飯に交わり美味しいです。9ページは売れに売れている宮崎県産黒毛和牛と黒豚の合挽肉のハンバーグ特製デミグラスソース煮込です。肉汁ジュワーが楽しめます。さすが宮崎県大手の肉屋「中村食肉」さんに作ってもらっただけの事はあります。

アッと言う間にランチタイム。今日は久しぶりにホワイティー梅田の元祖カウンターしゃぶしゃぶのぐるまんさんに行き牛肉のしゃぶしゃぶを食べました。

僕の大好きな青ねぎと紅葉おろしにニクニクがカウンターに供えられています。一人鍋は自分のペースで気兼ねなく食べられるのでいいですね。沸騰したお湯でしゃぶしゅぶしてしっかり脂を落として1枚毎にネギを巻いて食べます。正に「ネギしゃぶ」!いやー旨い!タンパク質をしっかり摂って大満足。


再びオフィスに戻り、仕事を片付けて夕方に自宅最寄り駅阪急塚口駅前のフィットネスクラブ「ティップネス」に立ち寄り筋トレをして自宅に戻り、冷凍タイプの夕食やかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は「石見ポークの肉じゃが」です。豚コレラが各地で発生していますが島根県邑南町の石見ポークは標高の高い山頂付近に養豚場が建てられ窓もなく凄く厳重に隔離されており創業者の服部親子がしっかりと管理されているので大丈夫です。僕は取り扱う生産現場を必ず見学します。衛生管理と掃除、飼育方法と経営者の人柄、飼育方針経営理念などを確認します。衛生管理と掃除は食べる人間は元より育てられる側の家畜も気持ち良いと思います。臭くない行き届いた舎は気持ちが良いです。餌も重要ですがストレスが肉質に凄く影響を与えると思っています。そんな意味でも育て方、飼い方を意識して見ます。副菜の富山県富山市の玉子焼き専門店三和製玉さんの玉子焼きに大阪生野区の大つるさんの高野豆腐の含め煮はだしがふくよかで美味しいです。純和食の夕ご飯でした!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る