弊社オフィスの曽根崎界隈は別名寿司屋通りと言われた時代もあり、今でも老舗寿司屋が繁盛しています。

2019年9月22日(日)今日は令和元年11月6日(水)に仙台国際センターで開催される「おいしい山形・食材王国みやぎビジネス商談会」の参加者リストと事業内容の確認を行いに梅田オフィスに出社しました。

まだまだ知らないご当地食材やメーカー様が沢山おられ、毎回参加するのが楽しみで、これまでも山形県最上郡鮭川村で栽培されている最上まいたけや三和食品さんから秘伝豆や本シメジなど沢山のお惣菜を提供いただき、山形の郷土料の芋煮を漬物で有名な晩菊の三奥屋さんから提供頂いています。宮城県も気仙沼・石巻・登米・東松島・釜石・仙台と広く地元事業者様をご紹介いただき、中でも石巻のヤマトミさんの金華鯖の塩焼きは弊社グルメカタログとネットのみならず大手百貨店や大手通販、そして大手スーパーでも大好評いただき石巻5社が作ったお茶漬けセットは阪神阪急百貨店冬のギフトにも掲載され、このような震災被災企業の活動を取り上げたNHK 東北ココから が高い評価を受けて2回に渡り全国放送されました。僕の試食風景もチラッと映っていて番組を見たお客様からも頑張って下さいと声をかけてくれました。今回もどんな出逢いがあるのか商談会が楽しみです。
今日もあっと言う間に時間が過ぎてランチタイムに。今日はいつも多くのお客さんが並んでいる阪急東商店街の横の路地に入った目立たない所にある135円均一の回転寿司「さかえ」さんに一度行ってみようと思い行くとまだ11時30分にも関わらず行列が出来ています。回転寿司だからお客さんの回転も速く10分程で座れました。




珍しい鯨や馬刺し等のネタも135円と安い!ネタも新鮮で、シャリもお客様が好む15gサイズと小さくてしっかりトレンドを押さえています。もう少しお酢をひかえるともっと流行るのに。カンパチ・鯛・鰺・いか・鰻・鮪と旬のネタを楽しんで赤だしと合計1000円でおつりがでました。お客さんは安くて旨い店を良く知っています。この曽根崎界隈は別名「寿司屋通り」と言われた時代もあり、今でも路地裏には老舗の寿司屋さんが残っています。競い合うから美味しくなる!わんまいるも冷凍惣菜で味と品質1位をこれからも貫いて行きたいと思っています。



昼からも9月26日東京虎ノ門で開催される食品通販展示会の出展者リストをチェックして夕方に自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に帰り家内に頼んでニンニクスライスをオリーブオイルで焼いてその油でステーキを焼いてその焼き汁で、茄子・さつま芋・パプリカ・ニラ・もやし・えのき・しめじと7種の野菜を焼いて特製ソースをかけてカベルネソーヴィニヨンで合わせました。秋は野菜が美味しいです。もう少し深まると更に美味しくなるなぁ?と思いながら秋の夕食を楽しみました。わんまるでも何時かはステーキと焼き野菜のプレミアムディナーセットを発売したいと思っています!オマール海老と根菜のバターソテーもいいね!2年先ぐらい経つと超高速凍結機が導入され出すと実現は可能になります。設備投資の資金が欲しい!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る