ハゲがハゲ天を食う!創業1928年天ぷら専門店「銀座ハゲ天」旬の食材使用に感動!

2019年9月27日(金)今日は役員が参加しての部門長との戦略会議です。午前中は社外取締役のリライズコンサルティング 中山社長とすり合わせを行い、ランチに阪急百貨店食料品売り場から銀座で1928年(昭和3年)に創業の全国で93店舗の天ぷら専門店を展開する「ハゲ天」の天ぷら丼をテイクアウトして来てもらい試食しました。

天つゆが付いて海老天が2本、魚の天ぷらは秋鮭の切身です。秋らしくさつま芋、貝柱と舞茸とマッシュルームのかき揚げ、大きな穴子かと思って食べると秋刀魚です。これ秋刀魚と見極められる人少ないだろうと思います。いやーさすが経営理念に偽りなしの旬の食材を使った天ぷらに感動しました。近いうちにお店で揚げたてを食べに聞こうと決めました!お客さんってこんなもんでたまたま百貨店の催事で買って食べた、あまりにも美味しいのでお店に行こう!とか通販で定期購入しよう!と思うと思います。旬の食材を出来るだけ使う、青魚の秋刀魚を天ぷらにするなんて度胸いりますよ。余程自信が無いと出来ません!しかも今年は高いのに大切な事だと思いました。



昼から戦略会議、株主会社社長と面談、会社帰りに自宅最寄り駅前のスポーツクラブに立ち寄ってから自宅に戻り、簡単調理の冷凍夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日のメニューは久々に登場の国産ビーフカレーです。サイズの大きなじゃが芋に乱切りの人参と玉ねぎも幅広くカットして存在感を出していて、国産牛バラ肉薄切りを一緒に煮込みサルサソースを加えパンチを効かせたビーフカレーです。レトルト臭と特有の粘りもなく冷凍する事で出来立てのカレーを一晩寝かせて熟成させたような味となり美味しいです。副菜に茄子、南瓜、人参をさっと素揚げして出汁に浸した揚げ浸しはだしが旬で美味しいです。ほぐした蟹かまぼこと人参の玉子とじも蒲鉾の口当たりが良い!キャベツのコールスローか、わかめとオニオンスライスの三杯酢サラダ等サラダ類の方が良いと思いました。一人二人前作るのが面倒で時間がかかるカレーかと言ってレトルトは今一!そんな方に冷凍カレーは便利です。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る