ゆで太郎躍進、うどんからぞばへ、牛肉から豚肉へトレンドの変化を感じました!

2019年10月5日(土)今日は二日間のブログを書いて、メールの確認返信を行い、アッと言う間にランチタイム。阪急梅田駅構内の「若菜そば」へ立ち寄り新メニューの「オム玉そば」を試食してみました!

店内は急に涼しくなったせいか満席です。注文を聞いていると3分の2の客がうどんではなくそばを注文されています。昨年から蕎麦がトレンドとお伝えして来たとおり、蕎麦専門店ゆで太郎が躍進して、丸亀製麺が芳しくないように、完全な蕎麦ブームです。オム玉そばは天津玉子焼きのように焼かれた玉子焼きを蕎麦に乗せてあり、甘い味付けの刻み揚げに若芽を乗せた暖かいだしをかけたそばです。甘くて濃厚な刻み揚げが美味しい。だから「たぬき」を注文する客が多いんだと思いました。大阪では甘く味付けした揚げを蕎麦にトッピングするうどんをきつねと呼び、蕎麦をたぬきと呼びます。



そのまま阪急塚口駅のスポーツジムで筋トレをして長男家族と家内と合流し、孫の2歳の誕生日祝いを昔から行事毎に食べに行っている「木曽路 武庫川店」へ行きました。



牛肉ブームが終わったせいかお客さんは少なめどころかほとんどいません。最近しゃぶしゃぶ食べ放題や天ぷらやお寿司まで食べられる店が増えてきた影響もあるのでしょう。とらふぐ等の別メニューをせず、堂々と品質にこだわり、本格訴求で飛騨牛を売りにし、しゃぶしゃぶ+焼肉、ステーキと調理のカテゴリーを横軸展開されたらと思いました。岐阜市内で店舗展開し今でも行列が出来る飛騨牛専門店「馬喰う一代」さんは徹底して牛肉専門店としてこだわっています。今繁盛されている店の特徴はメインのコースを3種類用意してネットで受け付け、効率を上げてお得感を演出されています。コースの中身のメニューに思考を行う事がポイントだと思います。そしてランチを強化して生産性を上げらている店が繁盛していると全国を回り思います。ツイツイ仕事柄そんな事を脳裏に浮かべながら久ぶりの重厚な肉を薬味に付けて口の中に・・肉だ!旨い!追加の肉を頼むと前肉とグレードが同じでガッカリ、〆のきしめんも細麺がトレンドなのに幅が一段大きくなり食べにくい。



今日は先にご飯をお持ちしましょうか?と聞いてくれなかったのでご飯はついてないのかと思っていたらきしめんを食べた後からご飯と漬物が出されました・・最後は長男が買って来たバースデーケーキでハッピバスデートゥーユー!誕生日おめでとう!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




twitter

facebook

Instagram

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5