ゼロカラの超高速冷凍機を導入している現場を見学、美味しいと評判でセントラルキッチンを計画

2019年10月10日(木)今日は9時半に三重県伊勢志摩で海老フライにこだわり色んなサイズと種類の海老フライを加工している㈱A-LINEの専務(三代目継承の予定)さんが来社され、先日試食した感想をお伝えして今後の取扱いにについて相談させていただきました。そして10時30分から横浜で冷凍技術の先端を行く超高速凍結機を開発されている㈱ゼロカラの荻野社長に来社頂き、川西市で実際にゼロカラ様の超高速凍結機を導入されている高齢者施設運営会社様の厨房を見学に連れて行ってもらいました。

訪問する前に近くの阪急東通り商店街の老舗お好み焼き屋「美船」さんに立ち寄り、山脇さん主導でお好みを焼いて食べました。

4分焼いて裏返し4分焼いて裏返し2分焼いてソースと鰹節と青のりをかけて食べるのが美船流!香ばしく焼き上がり表面がサクサクして美味しいです。キャベツが太めにカットさせていて丁度良い食感です!大手お好み焼きチェーンがひしめく梅田で暖簾を守り続ける老舗の味に横浜のゼロカラ荻野社長も満足のご様子。



川西市で特別養護老人ホーム4棟に訪問介護、デイサービス、福祉用具レンタル事業などを広域に運営されるプラスワンケアサポート株式会社様へお伺いさせて頂き、常務執行役員森田部長と小田主任様が親切にご対応頂き厨房の見学もさせて頂きました。



何とナトリウムを70%カットできるゼロカラさんの開発した装置を使い醤油からナトリウムを抜き取っていました。減塩醤油に比べてまろやかで美味しいです。高血圧や腎臓の悪い方にお奨めと聞きました。


こちらでは毎日約600人分の朝・昼・夕食を作られており、デイサービスに来られた方からも自宅で食べたいなど口コミで広がり、別にセントラルキッチンを設立する計画とのこと。是非わんまいるのおかずセットも作って欲しいとお願いしました。食材をわんまいるから調達すると仕入れのスケールメリットが出る事もお伝えさせていただき、僕も合わせて近藤先生の調理指導も受けていただける事もお伝えしました。


帰りに阪急オアシスが今年春にオープンした新業態のキセラ川西店様を見学させていただきました。



入口は季節のフルーツを沢山取り揃えた売場で果実の良い匂いがしています。そしてオアシスの人気コーナー顔が見える生産者直売の野菜売り場、そしてレンジでチン蒸野菜(温サラダ)が多数並んでいます。更にサラダバーが中央に大きく売場が作られ沢山の種類のチルドタイプのでレンジで出来るミールキットがあちらこちらの売場に並んでいました。


更に驚いたのはおかず惣菜と書かれた冷凍リーチインの中には大手メーカーの冷凍食品が一列、向いの一列には神戸チャイナチューボーさんや京都の野村さんなど各社の手づくり惣菜が並んでおり、中でも京都の野村さんの和惣菜が売れているようでした。ここにわんまいるのおかずセット健幸ディナーを並べていただけると売れるではと思いました。むしろ大手メーカーさんの冷凍食品の方が売れてなさそうに感じました。(個人的な感想)


そして作り立ての惣菜を作る見える厨房の前に平台で「からだ想いDELI」糖質が気になる人へでもしっかり食べたい!と言うコピーでフローズンのワントレイに入った冷凍おかずセットが並んでいて結構売れている様子です。一番人気なのは糖質4.9gカロリー241の「7種の野菜とオレンジソースのグリルチキン」です。どんな味なのか何点か購入しました。平台にチルド惣菜コーナーの各エンドに「レンジでチン!簡単・便利」のコピーが貼られ目立ちます。各スーパーのバイヤーの間で人気の1/3の野菜が摂れるレンジスープ、フジッコの阿波鶏の鶏団子スープや生姜スープ、三軒豚バラの蒸ししゃぶしゃぶ等多くのメニューが陳列されていました。スーパーさんに観察に行く度に食材から買って自宅で料理をする人が益々少なくなっている事を感じます。チルドだと買い置きが出来ないのがネック。冷凍でもわんまいるで人気の煮魚や炊合せメニューが殆ど見かけません。管理栄養士が栄養バランスを監修した夕食おかずセットは日々の献立を考えなくて済みご家族人数分を一度に湯せん解凍して盛り付けられるので便利だと思いました。


一旦梅田オフィスまで戻り、今夜は通販事業部の北野課長と石原主任を連れて尼崎市富松のふぐ料理専門「なべっこ」に行きました。



柔らかい唐揚げに笑顔です。〆の雑炊は絶品です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る