コラーゲンたっぷり!宮城県気仙沼を代表するご当地グルメ 「ふかひれの姿煮」さすがに旨い!

2019年10月15日(水)今日は三連休明けで朝8時から終日部門長とのすり合わせです。お昼に合間を見て試食しました。
一品目は、カゴメの管理栄養士さんから提案頂いたレシピを元に京都おばんざいの老舗桂茶屋さんにレンジで出来るカップ入り「野菜たっぷり具沢山のミネストローネ340g」を作って頂きました。地元の農家さんから直接仕入れた野菜がたっぶり入ってソーセージも美味しい。680円とスーパーで売られている食べる野菜スープの2倍の価格ですが入っている具材とベースにあるスープの味が全く違います。ペンネの食感も柔らかくなくて食べ応え十分!百貨店に並べればリピート間違いないと思いました。

2品目は、宮城県気仙沼から地元で獲れた「ふかひれの姿煮160g」が届きました!立派な一枚モノのふかひれです。見る限り美味しそう。弊社調理指導を頂いている元辻調理師学園教師で元サンフランシスコ日本国領事館公邸料理人でどっちの料理ショー100回出演された近藤先生から旨い料理は見た目も美味しい!と耳にタコが出来るぐらい聞かされて本当にそうだと思います。試食しましたが濃厚でコクがあり非の打ち所がありません!今年は年末企画に間に合いませんので来年の歳暮や正月企画に採用させていただきたいと思いました。


3品目は、長野県の宮下製氷冷蔵様から届いたふんわり豚まん手包みと機械製造と炙りしお豚まん3種類を試食。具材が中華風に味付けされていて豚まんと言うより中華まんと言った味で、挽肉と言うより刻んだ肉と言う感じの具材に思いました。生地は名前通りふんわりして美味しいです。好きな方はハマりますね。炙りしお豚まんは正直具が高く感じました。


6品目は、先日某スーパーで購入した他社の冷凍惣菜を試食して見ました。レンジでできるカップ入り「きつねうどん」は肝となる揚げが、見かけは良いが食べるとどん兵衛についてるインスタントの揚げと思える味覚で、大手粉末だしメーカーのだしに濃口醤油を加えただしの感じです。製造が北海道となっていて、きつねうどんと言えば発祥は大阪、味にうるさい大阪人には通用しないと思いました。


7品目は同じく、レンジでできるカップ入りの「カレー南蛮そば」。ネギが固く蕎麦にカレーだしが染込んでしまい殆どだしが無い状態です。弊社もレンジ解凍できるそばの開発に何度もつまづいて研究に研究を重ねて現在に至っています。弊社の京都九条ネギの鴨南蛮そばを召し上がって頂ければ違いがわかると思います。


8品目は、京のおばんざい「湯葉入り千切大根の煮物」と「野菜と鶏肉の煮物」を試食。


見る限り水ぽいです。、僕は気持ちが入ってない料理を食べると腹が立ちます。料理の基本はベースの味だと思っています。そして丁寧に作る事だと思っています。美味しい、美味しくないの前にここが抜けていると食べる人の事を考えて作っていないと言う事になります。だから怒るんです!今日から試食を通り大量調理したものがセンターに入りお客様へ出荷されるタイミングで抜き打ち検食を社内スタッフで週に一度行っているのに参加するようにしました。試食と同様の物がきちんと作られ、センターに納品されているのか昨夜も鯵フライを自宅で食べると試食よりも小さいのでクレームを言うと契約しているグラム数はクリアしていると返答が届きました。要するに試食の時は契約より大きなサイズを食べて満足して、実際現物は契約しているグラムの物が届けられている。契約違反ではないが人としてどうなのか?何の為の試食なのか?全く弊社の社員も理解していない!食べる人の身になって欲しい!楽しみにしている晩ごはんが台無しになる可能性があるんです。晩御飯は全国共通して最も重要なひと時だと言う認識を持つべきです。

夕方に和歌山県湯浅で百年ずっと前浜で水揚したしらすの天日干しを続けられ、東京築地・豊洲、大阪本場(福島区)神戸中央卸売場などへ出荷され目利きの良い仲買人からも評価の高い”まるとも海産”さんから地元の新物みかん(早生)を贈ってくれたので早速試食した所、完熟とは異なるはじけるようなフレッシュさで酸っぱさの中にうま味があり、さすが日本一の和歌山有田郡湯浅町のみかんだと思いました!気温がぐっと下がるこの時期に早生蜜柑はビタミンC豊富で風邪予防にピッタシ!



定時に会社を出て自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に戻って、たった5分の簡単調理わんまいるの夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は高知県 土佐佐賀漁港で水揚されその日のうちに大阪市中央市場まで運んで来て直ぐに皮を引いて切身にした鮮度の高い「シイラの煮付け」が主菜です。昔シイラと言えばハマチとして販売されていた時代もあり、美味しいのですが鮮度の落ちるが早く、高知県内などシイラが獲れる周辺でしか店頭に並ばなくなってしまいました。今年春に高知県四万十町様から招待頂き土佐佐賀漁港に立ち寄り年間安定して獲れると聞きましたので大阪本場鮮魚仲卸大手の㈱利州さんを通じて買付けて、臭みの原因の皮を削除切身にして貰っています。白身で全く臭みがなくて美味しいです。フライが一番美味しいのでメニューにも入れますのでお楽しみに!副菜の「天然ひじきと国産大豆の煮物」甘くて美味しいです。それに「長崎県対馬の原木椎茸と玉ねぎの卵とじ」は椎茸のグアニル酸が鰹と昆布のだしにマッチしてもっと食べたくなる味です。できたての味をそのまま真空パック、味が染込んで美味しいです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る