食べず嫌いの子供を作りたくない!魚も肉も臭いのはダメ!

2019年11月5日(火)今日は終日部門長とのミーティングです。ランチタイムを使っておかずセットの採用候補の試食を行いました。1品目は某メーカー様の「国産かじきのメンチカツ」です。口の中に入れて噛んだ瞬間に魚の臭みを感じました。

2品目「国産サーモンタルタルフライ」ですが、見る限り美味しくなさそうで、これも臭いです。



3品目の「国産鮭メンチタルタルソースイン」も同じく臭いです。昔食べた学校給や産業給食のおかずのメニューを思い出しました。

4品目は「三陸産鮭のキャベツメンチカツ」ですが、食感が魚のすり身に大豆たんぱくを加えたような食感でメンチカツではない。原材料を確認するとやはり植物性タンパク質を使用と記載されているとのこと。こんなおかずを子供に食べさせると食べず嫌いになると思います。全ては値段ありきなように思えてなりません!もう少し工夫すれば美味しくなると思いました。



5品目は先日新潟県柏崎市まで工場見学に行ってきたフリーズ食品開発㈱から試食して美味しかった、スチコンを使いホテルパンで1枚1枚丁寧に焼き上げた「だし巻き玉子」が届きました。念の為に弊社キッチンで湯せん解凍して再度試食しましたが、その場で食べた食味と同じで離水も無くてしっかり焼けて美味しいです。



そして弊社の冷凍センターに入荷した取扱商品の抜き打ち検食を行いました。
ロールキャベツのトマトソース煮込みは、小さく見えたので計り直すと80g→90gありました。小さく見えるので100gに出来ないか相談するようにお願いしました。副菜のほうれん草とコーンの炒めもの、洋風卵とじは問題有りません。



高知県四万十産のシイラの煮付けも柔らかくて試食の際と同じ。ブロッコリーと玉ねぎのドレッシング和えはブロッコリーが切れていません。南瓜としろ菜のあんかけは皮の部分が固いです。センター在庫を全て引上げてやり直しです。スチコン20分余分に充てると柔らかくなります。



金華鯖の塩焼き、なめこ大根おろし、高野豆腐の含め煮は問題なし。



神戸のフーズパレットさんの肉団子と野菜の甘酢あんかけはタレが殆どありませんが味はさすが本格的です。副菜の茄子のそぼろあんにさつま芋の甘辛炒めも問題ないです。


山形県の郷土料理芋煮の製造が遅れていてセンターに届いていません。主菜副菜のセット組みに影響が出ないか心配です。これからも品質と美味しさを追求して冷凍タイプの夕食おかずセット日本一を目指します。
明日は朝一番の飛行機で宮城県の商談会に行くので早めに帰宅、三連休でうちの家内は仕事が遅くなるようなので自宅最寄駅の阪急塚口駅前のたこ焼き・お好み焼き持ち帰り専門店を146店舗展開している東大阪本社のジャンボ総本店でたこ焼きをテイクアウトして久々にたこ焼きを肴にビールで一杯やりました。少し大きめでふわっと食感に中はトロっとしているのが特徴!ビールにたこ焼き最高!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る