東北一の繁華街 仙台国分寺町 地雷也の炭火焼きを堪能!噂通りいやそれ以上でした!・・

2019年11月6日(水)今日は宮城県庁食産業振興課様からご案内頂き、宮城県と山形県の合同商談会に訪問。伊丹空港から約1時間で仙台空へ到着。電車と地下鉄を乗り継ぎ国際展示場へ。




本日は両県から72社の食品メーカー様が参加され、午前中は展示ブースを回り午後から個別商談の流れです。まず先日山形の黒沼畜産様からご紹介頂いた県内の飲食店やホテルなどへ中食(惣菜)製造卸を営む㈱りんご苑さんにご挨拶と弊社説明を行いサンプルを送って頂ける事になりました。展示会場では弊社健幸ディナーの幅広いメニューに採用させていただいている山形県の最上まいたけさんが出展しており、わんまいるさんで多々PRしてくれてありがとうございますと御礼を言われ、多くの皆様からの受注に対応する為、新工場を建設中と伺いました。



そして先日大阪まで商談に来社頂きました米沢食肉公社の小澤課長があらためてご挨拶頂きました。米沢一番育ち豚肉美味しかったので何かメニューに使えればと思っています。展示ブースをみてまわると、豚脂専門に製造されている竹本産業㈱さんが、もつや豚足などの味噌焼きやタレ焼をレンジで又は湯せんで解凍するだけで食べられるもつ焼きを展示されています。工場も新たに建設されて、深絞り真空機も導入されていると聞きましたので、カット野菜と調味料を添付すれば庄内B級グルメ「もつ辛みそ焼き」が誕生すると思いました。そして呼び止められご挨拶頂いたのが漬物晩菊で有名な山形県の三奥屋さん、郷土料理の芋煮などを提供してもらっています。それと宮城県の㈱海心様は魚と煮汁を袋に入れた冷凍商品で袋のまま湯せんで10分間湯せんすると美味しい魚の煮付けが出来上がるとの事。是日食べてみたいと思いました。



物産公社の八巻さんが牛タンや牡蠣やホヤなどの上にチーズをトッピングした珍味を扱うマリンプロ㈱さんをご紹介いただきました。丁寧に一つ一つ真空パックになっているので清潔で安心です。ワインの肴に超オススメ。孫がチーズと牛タンが大好きなので購入したいと思いました!


あっと言う間にお昼休憩の時間。用意されたお弁当を食べました。大手百貨店、スーパーなど味にうるさいバイヤーが来られているので弁当を手配する側も気をつかわれるだろうと思いつつ試食しましたが、丁寧に作られており、おかずの種類も多くて美味しいかったです。(この会社紹介してくれたらよいのに!)



午後から8社様と商談させていただき、各社にサンプルを送っていただくようお願いしました。宮城県・山形県へ来るようになり今年で3年が経過しますが、毎度新たなメーカーさんや新しい商品に出会え凄く勉強になります!1社20分間のミニ商談を真剣に行い5時30分過ぎに終了。


そのまま仙台駅の近くのホテルにチェックイン、東北最大級の繁華街である国分寺町本通りの地雷也さんで懇親会を兼ねて試食に行きました。



地雷也さんは創業70年の老舗炭火焼き専門店で、テレビや雑誌にも取上げられる有名店です。二代目に当たる渡辺朋子会長は自らラジオのパーソナリティも務める人気の女将で、わざわざ女将自ら料理の説明まで頂き会食させをさせていただきました。通常予約が中々取れない繁盛店と聞いており、本日も満席状態です。前菜の蛸酢を食べて納得!大きな真蛸で難しい塩揉み加減にビックリ!塩辛く無く丁度良い!そして半生のコリコリした食感が残る湯がき方に感動しました。素材と腕がなければ味わう事が叶いません。これだけの立派な蛸は中々口にすることはないです。



次に運ばれた刺身三点盛りも戻り鰹で中々口にすることが出来ないトロ鰹です!この脂の乗りは実に美味いです!僕の好物のヤリイカも甘くて旨い!それとこの〆鯖はなんだ!燻製か?と思う深い味わいです。昆布で〆ているだけではなく、桜か椚のチップでも敷いているのだろうか?



お次は大きな三陸産の牡蠣が丸ごと入ったクリームコロッケは濃厚で甘くトロトロ。コロッケの生地は細かいパン粉でカリッと揚がっていて顎が落ちそう。そして大きなお皿に乗せられてやって来たのがこれぞ東北一の繁華街国分寺町地雷也の名物「キンキの炭火焼」がドカーンと運ばれ来ました。



一堂見るなりウワーっと声が上がりました。コレが噂の地雷也炭焼きか!正に千℃の至福に相応しい!真っ赤な姿に所々に焦げ跡ががあり、箸を入れるとパリッと香ばしく、これが炭火焼の醍醐味!表面の皮の内側の脂が一番ある所を高温の炭火で焼くと最高レベルの旨味が出ます。実に美味い!お食い初めや出産祝いなどの内祝にも最適と思いました。その後も酢の物や焼物を堪能し最後に爆弾サイズの焼きおにぎりで〆ました。噂の地雷也を堪能させて頂きました。お酒の弱い僕はフラフラです。ホテルに戻りそのままおやすみ!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る