モスバーガー を黒字にさせた 噂の「海老天七味マヨ」バーガーを試食しました。

2019年11月9日(土)今日はわんまいるグルメカタログ994号の初校と11月21日(木)宮城県農林水産部食産業推進課主催のセミナーのテキストの校正を行いに梅田本社オフィスに出社。994号のカタログトップページには伊勢丹や高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店などの食料品売場へ「中華惣菜専門店」を展開する神戸本社工場のフーズバレットさんに作ってもらった「海鮮ワンタンスープ」が初登場。そして「山陰の紅ずわいがにのかにまん」人気の「アスパラと石見ポークのオイスター炒め」に人気の「石見ポークの酢豚」、2ページ目には大きな海老が2匹も乗ったレンジでチンするだけで食べられるご飯付きの「天ぷら丼」、3ページには奈良の名物「柿の葉寿司」、レンジでできるカップ麺のメニューが盛り沢山掲載「えび天な鍋焼きうどん」、「九条ネギの鴨南蛮」、「あんかけ玉子とじ具付ラーメン」、「九条ネギカレーうどん」など、そしてレンジで出来る「石見ポークの一口カツ」に「大きなエビフライ」、ステーキハウス三田屋提携「タレ付きハンバーグ」、京都の老舗桂茶屋の「具沢山のけんちん汁」に「国産栗おこわ」「北海道小豆のお赤飯」「京のだしまき」「ちりめん山椒昆布」など人気の「京のおばんざい」がずらりと掲載されています。これまでは僕の方針で売切れ御免!として来ましたが、多くの百貨店様や通販会社様にもご販売いただけるようになりましたのでカタログ掲載期間中の品切れは無くす方針に切り替え、売れ筋商品に絞り掲載させていただく事になりました。


あっと言う間にランチタイム。”モスフードが新バーガー好調で黒字”と新聞に取上げられていましたので、グーグルマップで見ると大阪駅前第二ビルに店舗があるので、グーグルマップに従い徒歩で5分、地下二階へ降りてお目当ての海老天七味マヨバーガーと野菜サラダのセットを注文。

カリカリに揚げられた海老入りの唐揚げと言った感じでまだ青いトマトの輪切りとサニーレタスの間にマヨネーズがトッピングされています。パンの生地は昔から変わらぬモス特徴の柔らかいタイプでいまいち。モスと言えばとろみのある濃厚なタレのイメージだったのにマヨネーズが七味も殆ど感じなく、マヨの量が少ない。もっと昔のようにタレが多い方が美味しく感じると個人的に思いました。


初めて地下二階に降りましたが大阪駅から第4ビル、そしてホワイティー梅田、阪神、阪急と全て繋がっているとは知りませんでした。多くのサラリーマンが行きかう大阪一の地下街なので老舗が軒を連ねていて正にB級グルメの集積地です。
オフィスに戻りセミナーテキストの校正を行い、夕方に切上げ最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に戻って、主菜・副菜を人数分お鍋で解凍するだけのオールインワンの冷凍おかずセット健幸ディナーを食べました。本日のメニューは富山県富山市内の玉子焼き専門店三和製玉さんの天津玉子焼きを大阪の吉フーズさんでキノコのあんかけを乗せてもらった「天津玉子のきのこあんかけ」に「茄子と玉ねぎのチリソース炒め」と「茎ワカメのマヨサラダ」のセットです。この天津玉子焼きのこのトロトロの優しい食感がたまりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る