滋賀県米原で140年以上琵琶湖の魚介を取り扱う老舗網元「魚万」様へ訪問しました。

2019年11月28日(木)今日は明治初期から140年以上琵琶湖の鮮魚荷主(荷主→荷受→仲買→小売)の魚万商店様へ訪問。8時に梅田本社を出発して名神高速で米原へ、途中京都桂のインターチェンジでトイレ休憩。売場を観察すると京漬物が沢山並び良く売れているようでした。

最近は菓子類よりも食品の購入が増えているように売場を見て感じます。焼きそばドックが沢山並び人気のようです。菓子類では京都辻利さんのチョコレートをコーティングしたラスクが唯一人気の様子。自販機では世界初、一杯毎に豆を挽く紙コップタイプがお目見え。



値段を見るとコーヒー200円、カフェラテやココア250円とコンビニの倍の価格です。早速試飲してみると出て来るのに時間がかかりますが、かなり美味しい!コレは行ける!



米原で降りて魚万さんへ到着。


ピッタシ2時間、応接室にご案内いただき、9月の東京国際展示場で声をかけてその後メールまでいただけた米原商工会の高木指導員も同席され、弊社の説明や鮎の塩焼きのみならず焼きものの商品を全般を依頼し、また鮎やしじみの佃煮のみならず根菜やひじき等煮物やを作って欲しいとご要望させていただくと、舞鶴漁港も近いし、名古屋の中央市場にも琵琶湖の魚を卸しているので魚は何でも手に入るので協力しましょうと言っていただきました。年末の繁忙期に差し掛かり商談中にも京都の料亭さんや琵琶湖のホテルさんから電話がかかり忙しそう。ご多忙の中時間を割いて戴き恐縮です。折角なので加工場も見せていただきました。自動の回転真空パック機、大型のプルトン凍結機、原料を冷凍保管する大型冷凍倉庫、調理場には釜が3台にガスの焼台が3機、そしてパック詰めの大型の自動充填機が有りました。この自動充填機さえあれば百人力です。手で一つずつパック詰めするとコストが高くなります。イヤー嬉しい!後は冷却機があれば言う事無し!


出来立ての料理を急速冷却する事が美味しさを保つポイントですとお伝えさせていただきました。魚万様本社入口でおさむちゃんポーズで記念撮影!


地元で人気のランチを聞くと商工会の高木さんも魚万の世森社長も口を揃えて「番野」と言われたので早速向いました。車で3分程で到着。店の前の駐車場は満車状態です。



和食・寿司の暖簾がかかり高そうな雰囲気、言われるままに店内に入りランチメニューに目を通すとこれがお手頃価格で、お奨めの日替わりランチ870円を注文し運ばれて来たメニューは、ハマチとサーモンの刺身、大根と人参と油揚げ、椎茸の炊合せ、鯖の塩焼き、ひじき煮に蜆の佃煮、メンチカツのセットです。これはお値打ちだと思うと味噌汁に茹で玉子がまるごと入ったけんちん汁も出て来ました。いやーこれだけついて870円はお値打ち、しかも美味しいです。地元の人が通う人気店は安くて旨い。お客さんは良く知っています!



2時間かけて大阪梅田本社オフィスに到着。15時に東京からインスタグラムの運用でご協力頂いているゲームソフトで有名なグリーライフスタイル株式会社 取締役斎藤様と鈴木様が来社されたので、ご挨拶をさせていただき、ネット検索業界の動向などお伺いし、インスタでの検索が増えている事を改めて認識しました。帰りに弊社オフィス入口でおさむちゃんポーズで記念撮影!



その後商品企画部の吉川課長からスーパー様の冷凍リーチインで展開する棚割りの提案と確認、相談を行い、18時30分に阪急武庫之荘駅で待ち合わせして、20年以上お付き合いで同じ歳のメルシャンの坂本部長と阪神百貨店フード統括中尾部長と弊社山脇と4人で以前から紹介するとと約束していた僕のジム友の活けふぐ卸商「伊賀」さんがこの秋から引き継いだ有名芸能人もやってくる老舗ふぐ料理専門「なべっこ」を紹介しに行きました。
長崎県壱岐や熊本県天草など養殖業者と契約し専用の餌を与え育てられたトラフグで、甘くてとろけるようなさえずりや皮の湯引きが味わえます。お歳暮やお正月のお祝い料理にご家庭向けに直送すれば喜ばれると思います。特製ポン酢も天日干しの大きなふぐヒレ酒も最高!中尾部長もふぐを飲んでいる感じですね!と笑顔に!良い河豚を紹介してくれてと感謝してくれました。今日も湯引きに身とOOのぶつ切りに唐揚げとてっちり(河豚のあらの水炊き)〆の雑炊とコースを楽しませていただきました。



▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る