独立・創業のきっかけになった頑固寿司ホワイティー梅田店でランチ 鍋焼きうどん定食を食べました!

2019年11月30日(土)今日は、わんまいるグルメカタログ996号の初校とスーパー様向け冷凍リーチイン3面の棚割り陳列の確認を行いに梅田本社オフィスに出勤しました。カタログのトップページには鉄板で焼くと抜群に美味しさを発揮する島根県邑南町の石見ポークバラ肉が乗った「大阪名物モダン焼き(そばをお好み焼きに乗せた)」が掲載!2ページ以降にはレンジで簡単に出来る「天ぷら盛り合せ」に「神戸ビーフのすき焼うどん鍋」「国産牛肉丼の具」「九条ネギの鴨南蛮蕎麦」「丹波地鶏のすき焼」「九条ネギ入りカレーうどん」「海老天鍋焼きうどん」「あんかけ卵とじ具付ラーメン」など暖かメニューに「淡路産玉ねぎと石見ポークの焼きそば」「淡路鶏と玉ねぎのチキンライス」「生パスタ蟹トマトクリーム」「北海道産小豆のお赤飯」とご当地食材を使用した人気メニューなど冷凍惣菜・ご当地グルメ・専門店の味など50アイテムが掲載されています。

アッと言う間にランチタイム。外は寒いから近くで済まそうと「ホワイティー梅田」地下へ降りるとがんこ寿司さんのお昼メニューの看板「鍋焼き天ぷら定食980円」に目が留まり店内に入りました。

僕が独立を決めたのがアサヒビールさんからがんこ寿司さんを紹介され小島社長からうちに来ないかと誘われた事がきっかけで、がんこ寿司に転職するより自分で商売をしよう!と決心しました。飲まず食わずで貯めた300万程度では居酒屋を開業するのは無理なので投資の少ないお酒・お米の宅配専門店をたった9坪の建売住宅を300万円頭金にしてローンで購入し、一階3坪のガレージをお店に改装して開業したのが31年前の昭和63年9月1日です。


運ばれて来た天ぷら盛合せが付いた鍋焼きうどんを試食しました。鍋焼きうどんの割には味が薄く、箸で半熟卵を崩してとじようとすると卵が煮えてしまいゆで卵になっています。(コラ駄目だ)そこで天ぷらを鍋の中に入れて、天つゆと七味を加えてだしを調整すると随分美味しくなりました。入れなくても良い豚肉スライスが沢山入っています。思った通り臭い。これなら鶏肉の方がだしが出るのにと思いましたが、がんこさんは鶏肉メニューが無く、豚しゃぶ980円の目玉メニューがあるから使用したいのではないでしょうか?、ならばお味噌で煮込むと豚肉の臭みが消えるのにと思いました。食材に合わせてちょっとした工夫が重要です。


ランチを済ませ、オフィスに戻り冷凍リーチインケースの棚割りに目を通しました。輸入食材を使い大きな工場でオートメーションで製造された大手メーカーの冷凍食品に対して国産食材を使った、それぞれの料理を得意とする老舗の冷凍惣菜・ご当地グルメは少し高いけど良質で美味しいと宅配とネット通販のお客様から支持をいただき、先日行った阪神百貨店食料品売場でも評判が良かったわんまいるの冷凍惣菜、果たして食品スーパー様のお客様にどれだけ納得いただけるか楽しみです。店内に並べていただけるだけでも光栄な事だと凄く感謝しています。夕方に仕事を切上げて自宅最寄り駅前のフィットネスクラブ「ティップネス 塚口店」に立ち寄り、自宅に戻って冷凍おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は山形県最上郡鮭川村で栽培されている最上舞茸を加えた「石見ポークの酢豚」を主菜に「白ネギと青梗菜の麻婆ソース炒め」に「白菜と人参と油揚げのお浸し」の副菜2品のセットです。中華惣菜の中で一番人気の石見ポークの酢豚!脂身が殆どなくて食べ易くて美味しいです。最上まいたけもコリコリとした食感で酢豚に合います。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る