ホワイティー梅田 泉の広場通り、予定通り 改装リニュアルオープンしました!

2019年12月5日(木)今朝の5時45分の阪急塚口駅前の温度計は5度とかなり冷え込みました。いつもの5時53分の電車に乗り、梅田駅迄に約10分で到着。改札を出てエスカレーターで1階に降りて阪急百貨店前を通り、地下へ降りてホワイティ梅田「泉の広場」M14番出口の右の階段を上り地上へ出て少し進むとローソンがある日進ビル5階がわんまいる本社オフィスです。

今日から「泉の広場通り」が新しくリニューアルオープン!

昭和38年ホワイティー梅田開業から続いている老舗の元祖トンヒレカツの「豚晴」元祖高級喫茶店の「英国屋」さんに続いて、リニューアル前から営業している高級回転寿司の「大起水産」、オムライス専門店の「卵とわたし」、大阪豚骨らーめんの元祖「古澤」行列ができる「大阪トンテキ」に加えて新しく出店された明治23年創業「徳田酒店 立飲み」「スープストックトーキョー」「天ぷら大吉」「京の串揚げ祇園舞妓」さんなど含め42店が一斉にオープン!コラまた試食しなければならないから忙しくなるなぁ!と思い、梅田オフィスに到着。

今日は東京へ出張なので、メールをチェックし、ブログを書いて新大阪駅へ移動。新大阪駅で駅弁を観察すると一昨年までブームだった牛肉弁当が売れてなさそう。しかも何処の駅弁屋さんも売り出すから焼肉・ステーキ・すき焼き・牛タンなど凄い品揃えです。

もう一つ人気がなさそうなのが寿司類で、一次大ブームだった焼き鯖寿司や鯛飯、穴子などわんまいるでは境港紅ズワイガニのちらし寿司が凄く売れているのにと思いながら一番売れているエンドコーナーには何と懐かし水了軒の八角弁当が売り出されています。昔よく食べました!倒産して他の会社に吸収されたと聞いてましたが献立を見ると昔のメニューと違う!大好きなエビフライが入ってない!なら横で売られている関西味比べ弁当を購入してのぞみの中で試食しました。

人参刻みボイル、ひじき煮、玉子焼き、小さな切身の鯖塩焼き、人参・蓮根・椎茸の炊き合わせ、なます、きんぴらゴボウ、天ぷらや牛肉しぐれ煮など肉類や揚物は入ってないと思うと、とり天おにぎりが。ご飯ものはちらし寿司、ちりめん山椒ご飯、白ご飯にとり天おにぎりと凄い量で多過ぎ。最近弁当類が人気ないのはご飯を敬遠する傾向が強いからではないかと思いました。

品川で乗換え千葉駅まで行き、そこから京成電鉄で千葉中央駅まで移動。スタバで休憩し、約束の15時にお問合せ頂いた株式会社イウォレ京成様へ訪問しました。

既に試食して頂いており、美味しかったといつもの感想をお伺いして、少しでも人手不足の解消に役立ってもらえればと思いました。10月に群馬県高崎市にセンターが出来たので、これまでより関東での納品が凄く楽になります。商談は20分程で済んだので千葉駅に戻り、山脇は新大久保で売られているデーロンチーズの試食に僕は彼女(3歳)と待合せ。待っている間に若い女子で流行っているスィーツカフェに入り、おススメのスイーツ2品を店長に選んで貰いました。出て来たのバナナとイチゴを巻いたロールケーキとカカオタッブリチョコタルトです。

酸味のある珈琲と良く合います。彼女が現れたのでSOGOの中華まんぶくまるさんでお子様セットにレタス炒飯海老マヨ青梗菜と牛肉炒め餃子を食べました。


台湾で食べるようなオイスターが少なく食べやすい味でした。炒飯が一番美味しく感じました。新商品として色々具材の炒飯開発したいと思いました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る