A級グルメの町 島根県邑南町の石見ポーク 脂身が少なく赤身が美味しい一口カツ絶品!

2020年1月7日(火)ご前中は、絶好調の通販事業部と週次ミーティング。その後管理本部との週次ミーティングを行い、毎年行っている2月酒蔵見学に関して宮城県庁食産業振興課松本課長補佐と電話で相談。

お昼の合間に某衣料品・雑貨チェーン店様が新しく売り出された冷凍惣菜の試食をしました。鶏肉と根菜の京風お煮しめ200g は390円と量の割には安いですが、食感が柔らか過ぎます。鶏肉と椎茸はベトナム産でその他は全て中国産。

2品目の京揚げ入り茶切り昆布煮200gは280円でボリュームもあり美味しい。昆布以外は中国産。揚げも中国産なのに京揚げ入りと記載して大丈夫なのか。


3品目の高野豆腐とエンドウ豆の卵和えも200gで280円とボリュームもあり安い。味は甘過ぎず、液卵独特の食感は仕方ない。


4品目の鯖のみぞれ煮90g 280円は、みぞれ煮と言うより味噌煮と言った味付けでノルウェー産の鯖の割には脂っぽくなくて実に美味しいです。


5品目のかき揚うどん280円は、以前取り扱った事があるOO麺業さんの具付うどんでした。


6品目は厚切り食パンのフレンチトースト150gは250円と少し高めですが見事な出来栄えで美味しいです。


7品目のホットサンドスモークチキン&チーズも350円と良い値段。


8品目の発芽玄米ご飯の塩おにぎり5個(1個80g)490円は、玄米の割にはパサつかずこのままトースターで焼おにぎりにしても美味しいと思いました。


遂に大手衣料品雑貨チェーン店様までが青果や冷凍食品まで取り扱いだされました。皆さん業種・業態の垣根を越えての超競争時代に突入です。弊社もうかうかしていられません!これまで歩んで来た道を大切にし、生産者の顔が見える産地の旬の食材を使用したご当地ブランドの手作り惣菜(冷凍)おかずをしっかり作り販売していきたいと認識を強く持ちました!

午後からは週に一度の新聞切り抜きのまとめを行い、新年のご挨拶に来社いただきましたお客様へのご対応をさせていただき、定時で切上げて自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に帰って冷凍タイプミールキット:おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は村おこしに取組みチョウザメの陸上養殖から生乳やチーズ向けに自然放牧まで多彩に取り組まれているA級グルメの町として有名な島根県邑南町で養豚されている石見ポークの「一口カツ」が主菜です。石見ポークは脂質が少なく赤身が美味しい健康ポークとして知られるイギリスが原産国のケンボロー種で、日本国内の豚肉の7%しか流通されていない希少豚です。特に、もも肉は柔らかくて臭くなくて、まるでヘレカツみたいです。養豚は親父さんと長男さんが営み、次男さんは精肉加工会社を営んでいるので、新鮮な肉を地元で一口サイズにカットし赤パン粉を塗す所までやってもらっています。それを急速凍結して大阪に運び、創業75年の老舗惣菜製造会社のプロの料理人に揚げ、急速冷却し真空パックして急速凍結しています。湯せんで解凍しても冷凍とは見えず、食べても冷凍とは思いません。副菜は「国産キャベツとごぼうの胡麻ドレッシング和え」に副々菜は「茄子と玉ねぎと人参の甘酢あん」のメニューでした。ご馳走様!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る