横浜名物「崎陽軒のシューマイ炒飯弁当」を舌鼓、昔から変わらぬ素朴な味を守り続けている事が凄い!

2020年1月10日(金)昨夜は食べ過ぎたので、今朝はコンビニでミックスサンドとカゴメ野菜生活を購入してホテルの部屋でモーニング。

東京メトロ溜池山王駅と直結している山王タワー27階のNTTドコモ様へ訪問。「わんまいるのフローズン・ミールセット」の提案に行きました。ご丁寧な応対を賜り興味深くお話を聞いて下さり感謝です。



山脇さんと別れ、僕は1人大阪へ戻りました。溜池山王駅から歩いて国会議事堂前から東京丸の内で降りて駅弁を購入して新幹線のぞみで新大阪へ。



久しぶりに崎陽軒「シュウマイ炒飯御弁当」を試食して見ました。炒り玉子が沢山入ってグリーンピースも色鮮やかでサラダ油控えめの優しい味の炒飯です。変な化学調味料の味がしないのが嬉しい。お目当てのシューマイに辛子と醤油をかけて素朴な肉焼売にホッとした気持ちに。筍煮とザーサイがコリコリとした食感で口直しに向いている。中華風野菜炒めと一口カツも肉屋さんの一口カツのように赤パン粉を使い、ラードをブレンドした油で揚げたようで下町の味で鶏唐も付いています。昔から変わらぬ味へ守り続けているのは凄い事だと思いながら舌鼓!


新大阪駅から地下鉄御堂筋で梅田で降りてオフィスに戻ると香港で日本の青果を販売している世界市場の村田
社長が新年の挨拶に来社頂いていておりご挨拶。和歌山の精肉加工卸と焼肉屋さんも経営するミートファクトリー北川社長が来社。何と世界市場へ出資している農業総研の及川社長と北川社長が同級生と言う事でご紹介させて頂きました。世間は狭いですね!

18時半に阪急武庫之荘駅で阪神百貨店の惣菜バイヤー赤坂さんと待ち合わせに遅れてはと急いでオフィスを出て阪急電車で武庫之荘駅に向かい、友人の活けふぐ卸商の伊賀さんが昨年から引き継いだ老舗ふぐ専門店「なべっこ」へお連れしてギフトや鍋物用として紹介兼ねて試食して頂きました。


やはり思った通り、湯引きを食べるなり旨い!と一言。


身と脂のぶつ切りを食べるなり、初めての味です。ぶつにはヒレ酒が一番合う!天日干しのヒレは全く生臭くなく、火をつけたヒレを何度もお酒にくぐらせる技は中々真似できません。なんと火が付いたままお酒につけても消えない不思議な光景です。



正に名人芸!イヤー香ばしくて美味しい!これまで大勢のグルメ通をお連れてしましたが、皆さんこんなのは初めての味で凄く美味しいと言ってくれます。更に活けふぐの唐揚げに、さえずり(口元)にアラの水炊き(大阪ではてっちりと呼ぶ)〆の雑炊、この雑炊も本当に美味しい!昨年3月まで阪神タイガースの球団を担当されていた赤坂さんも感激、是非ギフトとして取り扱えたらと言ってました!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る