今が旬、千葉県銚子産寒鯖の塩焼きを大根おろしで食べました。真冬を代表するご馳走です!(わんまいる)

2020年1月12日(日)昨日はえべっさんに行った為に時間が無くてやり切れなかった各部門長ミーティング内容の確認を行いに梅田オフィスに出勤。

今日もアッと言う間にランチタイム。朝のニュース記事で吉野家の業績が好調とメディアで取り上げられていました。その一つに創業120年の締めくくりに発売した特別メニュー「牛すき鍋膳」と中華の鉄人・陳健一氏が監修した究極の鍋「麻辣(マーラー)牛鍋」の売上が好調だと記事に書かれてあったので近くの吉野家さんへ行き試食して見ました。

固形燃料で火をつけたままグツグツ煮える状態で鉄鍋で提供してくれるのが嬉しい!但し白菜も白ネギも堅い。このまま少し待って食べろと言う事なのか?肉から食べると牛丼の肉に比べて堅いので豆腐とうどんから食べました。唐辛子、花椒の唐さが後から来くる!もう少し豆板醤を増やすか、再仕込み醤油を小さじ3分の1を足すとコクと旨味が引き立つのにと思いました。次第にねぎも白菜も人参も火が通り、肉は堅いままでしたが、辛さが体の芯までポカポカにしてくれました。



再びオフィスに戻り、好調な通販事業部からの報告を念入りに確認し、サイトも確認して気づいた箇所のLPの訂正を書き起こし、夕方で切上げ自宅最寄り駅前のフットネスクラブ「ティップネス 塚口店」へ立ち寄り自宅に帰って今夜もフローズンミールキットと最近呼ばれるようになったわんまいるの健幸ディナーを食べました。本日の献立は千葉県銚子漁港で水揚された「鯖の塩焼き」が主菜で、副菜には「青梗菜、白菜、人参など「彩り野菜の煮物」に「なめこ入りの大根おろしの三杯酢」のセットです。三陸からプランクトンが外房沖へ南下してこの当たりで獲れる鯖は写真のように丸々太って脂も乗って美味しいです。腹骨も取っているので安心して食べられます。塩分も少な目にして焼き上げています。僕は箸で身をほぐして副菜のなめこ入りの大根おろしと和えて食べるのが大好きです。熱燗をつけてもらい楽しみました。「寒鯖のほぐし身大根おろしの三杯酢和え」正に日本の真冬を代表するご馳走です!いやー旨い。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5