北海道産 真鱈のムニエル、バターを乗せてトースターで3分、濃厚でトロ旨!フローズンミールキット(わんまいる)

2020年1月14日(火)今日は終日各部門長とのミーティングです。途中お昼の時間を使って試食を行いました。本日1品目は、大阪西成区の創業93年の老舗中食製造卸の矢田健商店さんに作ってもらった「レンジでできるカラボナーラ」でパルメザンチーズに炒めたベーコンが絡み黒胡椒も効いて美味しいです。

2品目は、石見ポークの挽肉と玉ねぎとニンニクを塩だけで炒め、生のトマトスライスをトマトケチャップで煮込んだソースを絡めた「ミートスパゲティー」です。酸味の利いたあっさりとしたミートソースで美味しいです。


3品目は、種子島の特産品として有名になった安納芋の小ぶりのサイズの冷凍の「焼き芋」です。お買い得と言う事ですが、安納芋にすると糖度が乗って無くて美味しくありません。これなら黄金千貫などの親芋の方がはるかに美味しいです。安かろう悪かろうはスーパー量販店に任せてわんまいるのコンセプトのこだわり品をしっかり取り扱うようにしないといけません。


4品目は、来週お届けする冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーがセンターに届いたので抜打ち検食をしました。①主菜「紀州うめどり梅肉はさみ揚げ」と副菜「山形県最上まいたけと玉葱の卵とじ」と「かぼちゃの胡麻和え」のセットです。紀州うめどりの梅肉はさみ揚げが揚げ過ぎています。吉フーズさんは立て込んで来ると油の温度を強くする傾向があるので、要注意。


②主菜「国産牛肉のすき焼き」に副菜「玉ねぎとピーマンともやしのチャンプルー」と「茄子の揚げ味噌浸し」のセットです。すき焼の味付けが少し薄いので醤油を増やすように指示。


③主菜「天然ぶりと大根の煮付け」に副菜「きんぴらごぼう」と「高野豆腐と野菜の含め煮」のセットです。
単品惣菜売れ筋1位だけあって鰤からにじみでる出汁が大根に染込んで無茶苦茶旨い。お客様は美味しものを良く知っているなとつくづく思いました。この出汁をベースに5月6月7月は旬の鰹に変更してメニューに加えるように依頼しました。今年も海温が高いので早めに回遊しだすと思うので早めの手配をする事です。


④主菜「北海道産の真鱈のムニエル」と副菜「小松菜とさつま揚げの炒めもの」に「大根の味噌柚子煮」のセットです。鱈のムニエルはペッパーも程よく効いているのでアルミホイルに乗せてバターかマーガリンかを加えてトースターで3分程炙るとより一層美味しくなると思いました。更に野菜などを刻み七味をかけて包み焼きにするとより豪華なおかずになります。わんまいるのミールキットはひと工夫すると豪華なディナーが楽しんで頂けます。



⑤主菜「麻婆豆腐」に副菜「小松菜と人参のお浸し」に「じゃが芋と大豆の煮物」のセットです。中華料理の副菜にはどちらも向かないので至急副菜メニューを近藤先生に相談して変更するように指示しました。これから夏場はナムルや大根キムチや中華春雨などあっさりした中華副菜が合います。


夕方に大阪府公民戦略室の山縣マネージャーと入社1年目の佐々木様が来社いただき、自家発電機能の冷凍・チルドも受け取れ、メルカリやヤフオクの出品代行や受取も出来てベビーカー、車いす等各種レンタル出来るマルチシェアリングボックスを開発された伊藤忠都市開発の松尾室長を紹介させていただきました。その後新しく口座開設をした三菱食品様と名刺交換させていただき、定時に切上げ小雨の中、自宅最寄り駅前のフィットネスクラブ「ティップネス 塚口店」へ立ち寄り自宅に戻ってわんまいるの冷凍夕食おかずセットを食べました。本日の献立はあったかい「おでん」に「茄子のとろみあん」と「もやしと玉ねぎの卵とじ」のセットです。寒い夜はおでんイイですね!鰹と昆布に牛筋の出汁で煮込んだおでんは絶品!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る