クックデリ御膳 阪急梅田1号店で鮭弁当を購入 ランチに試食して見ました!(わんまいる)

2020年1月13日(月)毎週月曜日は最近フローズン・ミールキットと呼ばれだした冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーの来週お届けする献立メニュー紹介文を作成、新聞切り抜きレポート送信とブログの投稿を行いに梅田オフィスに出勤。途中阪急梅田駅3階改札口からエスカレーターで1階に降りた所の「クックデリ御膳 梅田1号店」で久しぶりに鮭弁当を購入してランチに試食をしました。

4ヶ月前に比べたおかずの千切大根煮が中華春雨に変り、漬物の量、ひじき煮の量が少なくなった感じがしましたが、僕の気のせいでしょうか。コロッケ半分に竹輪の天ぷらにミートボール1個に鮭の塩焼きが入ったセットですが、このところどこの鮭弁当もスチームコンベクション(スチコン)のせいか、焼き方のせいか、焦げ目が無くしっかり焼けてないのが多いです。某スーパー様にもご指摘した所、スチコンの使い方がパートさんが解らないのが原因ではとの事。スチコンはメーカーによってオーブンの火加減やスチームの加減が異なるので最初だけプロに指導してもらい、その調理方法をマニュアルにして誰でもが使いこなせるようにする事としっかり焼けているのかチェックを料理長や工場長が確認する事がポイントだと思います。僕は試食だけでなくお客様にお届けする現物を抜き打ち検食して自宅でもお客様と同じようにネットで注文して購入して食べています。意外と社長が自宅で食べる人は少ないように思いますが、自社商品を社長が好んで食べないなんて考えられません。


ランチを終えてホワイティ梅田に降りて泉の広場に新しくオープンしたコマツパラファームさんで前から気になっていたチューチューして食べる「プリーーン」をデザートに購入。



見た目は100%キューピーマヨネーズです(容器が)、口で吸いこむとチューブから口の中に卵黄と砂糖と牛乳を良くかき混ぜたものが入り込んだ感じでプリンを食べている感じは全くしません。たいして美味しくありませんがこれも人生の一コマ、皆さんも一度お試し下さい。


午後からは阪急、阪神百貨店の食料品売り場を観察しに周りビフカツが殆ど売場から消えていたのが印象的で、やけにメンチカツとコロッケが多く並んでいました。

夕方に自宅最寄り駅前のフッイトネスクラブ「ティップネス 塚口店」でジム友の一色さんと待ち合わせして新年会を同じくジム友の活けふぐ卸商の伊賀さんが昨年秋から引き継いだ武庫之荘の老舗ふぐ料理専門店「なべっこ」に行きました。いつもの湯引きにぶつ差しにOOをサービス!どれぐらいのふぐを使用しているのか聞くと予想通り最も美味しい目方の2kgサイズの2年もののふぐを使用しているとの事。なるほど淡路や瀬戸内海では3年ほどかかると言われますが、それで壱岐や天草や伊予など温暖な海域で養殖して自家製の餌を与えているのか理解出来ました。それにしてこの店のヒレ酒はいつ飲んでも最高に旨い!いやー良い新年会でした!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5