忙しいママの新時代【冷凍食品】はコレ!と人気ブロガーさんが推薦してくれました!(わんまいる)

2020年1月20日(月)毎週月曜日は終日部門長ミーティングです。
お昼の時間を使い試食しました。1食目は、先月大阪市中央卸売市場で買い付けた石川県輪島漁港水揚の「鰆の塩焼き」です。見る限り上手に焼かれ
て美味しそう。通常刺身にする鮮魚なのでふっくら柔らかくて一流料亭の懐石料理に出て来るような逸品で、この料理が462円とはお値打ちです。

2食目も同じく、石川県輪島漁港水揚の「鰆の煮付け」です。身がふっくらして美味しいです。もう少し出汁が濃くした方が良いと思いました。このところの暖冬で海温が高く、本来春に獲れる魚が水揚され、逆に冬場とれる魚が獲れてないようです。また産地によっても水揚の状況が全く違うので広く情報収集をすることが重要です。農作物も魚介類も多く獲れるものが美味して安いので、獲れるものを使用して料理に使う事が美味しくて安く食べられポイントです。ところが飲食店もスーパーも先にメニューや売り出しを決めてしまうので、食材が後になるので安定した。養殖や工場生産野菜や海外から輸入品を使うようになるのです。


3食目は、某衣料品小物雑貨を販売しているチェーン店で最近販売され出した冷凍惣菜を試食して見ました。「栗と赤飯のおこわ」は全く味がしません。少し塩を含ませて炊くと美味しいのに、栗はやけに甘いので表示ラベルを確認すると甘露煮を使用していました。


「五目いなり」は変な酸っぱさを感じました。


「国産豚肉と野菜の餃子」は、にんにくが入っていないので今一。


「国産野菜と生姜の棒餃子」は、通常の2倍のサイズで焼きにくく食べにくい。ニラとニンニクが入ってなく餃子と言うよりは鶏肉とキャベツの餃子皮巻きのような感じで、恐らく豚肉より鶏肉の割合が多いと思いました。


「酢豚」は脂身ばかりで食べられたものではありません。


そして来週お客様へ届ける予定のセンターに入荷したわんまいるの夕食おかずセット健幸ディナーの抜き打ち検食です。
1食目は、「千葉県銚子漁港水揚げの鯖の西京焼きセット」です。昨年秋以降プランクトンが三陸沖から房総沖に南下した為、仕入れ先を宮城県石巻漁協から千葉県調子漁港へ変えました。腹骨も中骨も取り除いているので食べ易いです。国産の鯖で完全に骨を取っているのはわんまいるだけと自負しています。


2食目は、「天然鰤の寄せ鍋セット」です。お好みですが七味を加えてポンズにつけて食べると美味しいです。


3食目は、「北海道噴火湾で獲れた帆立貝と白菜の旨煮のセット」です。湯せんし過ぎると白菜から水分が出て出汁が薄くなる可能性があるので注意書きをするように指示しました。


4食目は、「宮崎県産黒毛和牛と黒豚ハンバーグのデミグラスソース煮込みセット」です。粗挽きでジューシーで美味しい自慢の逸品です。少しデミグラスソースが濃いので2月からソースを改良します。


5食目は、新宿伊勢丹本店、高島屋、阪急、阪神百貨店など百貨店の食料品売場に中華惣菜専門店を出店されている神戸本社のフーズバレットさんに作ってもらった「具沢山の餃子スープセット」です。さすが大手百貨店で人気店だけあって本格中華スープでコクがあり美味しいです。


健幸ディナーは、1週間に魚メニュー2品に和食、洋食、中華の主菜1品・副菜2品の5食セットです。揚物も焼物も人数分をお鍋に入れて湯せんするだけで出来上がります。先日も人気ブロガーさんが『揚げ物が湯せんでできる!?忙しいママの新時代【冷凍食品】はコレ!』と推薦してくれました。

仕事帰りにいつものスポーツジムに立ち寄り自宅に戻って京都桂茶屋さんに作ってもらった京風おでんと菊正宗の本醸造(大手清酒メーカーのパック酒では菊正さんだけが本醸造)を湯せんして熱燗で楽しみました。煮込み用の竹輪にがんも、こんにゃく、大根、昆布、ゴボウ天6品セットで480円、鰹と昆布と企業秘密の出汁で程よく煮込んだ京都老舗のおでんです。変な化学調味料やレトルト臭がしなくて美味しいです。


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る