京都佐々木酒造 吟醸あらばし キレのある辛口で石見ポークの肉じゃがにピッタシ!(わんまいる)

2020年1月22日(水)今日は朝一番から販売データーの確認を行いました。おかずセット、和惣菜、洋惣菜、レンジでできるカップ麺類、ドリア含む米飯が前年より凄く売れています。昨日某スーパー様の陳列の応援に行っていた吉川部長が出社してわんまいる初の冷凍リーチインに弊社商品が並んだ写真を見せてくれました。平台でもそうでしたが一般的にNBばかりの冷凍食品の中で透明で無印に近いパッケージは現物の中身が良く見えて新鮮な感じがしてお客様の目を引くと思いました。これからは中身が見えるパッケージが消費者から支持されるように思います。今後は売れる売れないがあるでしょうから改廃をしっかり行い美味しさと品質の向上を追求していきたいと思いました。

お昼の時間を利用しての試食は、現在かき揚げとサーモンフライを採用している岩手県陸前高田市からわんまいる向けに天丼用の海老天を5種類のサンプルが届きました。既存品含めて大サイズと中サイズで加水率を変えた商品です。僕は大きい方が良いから大きいサイズで加水が多くサクサクした食感の海老天を選びました。

次に大手スーパーさんで売られている冷凍のミールキットでレンジで解凍してフライパンで焼くタイプのメニューを試食して見ました。全体的に濃くて塩辛いです。タレをつけて真空パックにして冷凍しているのでレシピより味が濃くなり、それを電子レンジで解凍してフライパンで焼くので余計に味が濃くなるのでしょう。



次にチーズの試食をしました。どこかで見たと思いきや成城石井さんで購入した事があるチーズとクラッカーです。百貨店や専門店では大きなカットが多く販売されていて毎日食べないので、ポーションが小さいものが良いと思って取り寄せました。小さくサイコロ状にカットしたスモークチーズにハードチーズ、セミハード、、ハードは食べられない僕には少しキツイ!このメーカーさんのカマンベールはチーズ臭くなくてクリーミーで美味しいです。いやーかなり美味しい。


ナチュラルチーズの白カビは柔らかくて使いやすいと思いますが、味が無さ過ぎ。クラッカーよりビスケットやトーストの方が合うと思います。


青カビ2種類は、さすがにカビ独特の臭みがあって食べつけない僕には無理です。試食スタッフ全員が苦虫をすり潰した顔をしていました!やはり焼いたり他の食材をトッピングしたりしてワインと一緒に合わせないと高級なチーズ程美味しく無いと思いました。


昼からは6月7月8月夏季取扱い商品のプラン計画を検討。昨年の売れ筋、直近の販売数量など確認、ちなみに昨年夏季限定商品で1位は何と京都桂茶屋の京都産のオクラとブロッコリーの白和え、2位島根県石見ポークのゴーヤチャンプルー、3位鳥取県境港のサーモンクリーミーフライでした。3商品とも産地の食材を使い地元で作られた惣菜でした。豚の角煮とスペアリブのご要望を頂いていますので本場沖縄に行って開発しようと思いました。

仕事帰りに自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に戻って冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は、食で村おこしに取組んでキャビアの養殖や自然放牧乳業等A級グルメの町島根県邑南町で養豚されている「石見ポークを使用した肉じゃが」を主菜に副菜は黒いダイヤと呼ばれる「国産ひじきの煮物」に今が一番美味しい「切干大根煮」のセットを俳優佐々木蔵之介さんのご実家 京都の佐々木酒造さんから提案いただいた吟醸あらばしりでいただきました。



佐々木酒造様は京都らしくない男酒で吟醸らしくキレのある辛口です。思った通り豚肉の肉じゃがによく合う。わんまいるの肉じゃがは食材の旨味を引き立てるのに砂糖と醤油を控えて作っているので、甘い石見ポークとキレのある辛口の吟醸酒が合います。寒ざらしの千切り大根煮にも合う。煮炊き物には純米吟醸よりキレのある辛口の吟醸酒の方がイイ!


▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る