【わんまいる】 ぶり 寄せ鍋 贅沢にも骨無し切身使用 食べ易くて野菜たっぷり汁まで美味しい!

2020年2月9日(日)今日は明日の部門長との週次ミーティングの資料に目を通しに梅田オフィスに出勤。
風が強くてかなり寒く感じます(イヤー寒い)。しかし一昨日の宮城県の冷たさとは比べ物になりません。
今日もアッと言う間にランチタイム、何を食べようか?そうだタンパク質を取ろうと思い、曽根崎お初天神通り商店街 お初天神門前近くの土佐清水ワールドへ「四万十鶏の藁焼き」を食べに行きました。

わんまいるでも紀州うめどりの養鶏場が12月に経営破綻した為に急遽、四万十鶏を使用する事にしました。弾力のある身で脂質もあり美味しいです。脂の乗った鶏肉や魚は皮目をしっかり炙ると脂質が焦げて凄く美味しくなります。反対に炙らないと皮の食感が気持ち悪く生臭く感じます。そこで藁焼きは炎が強いから表面がしっかり焼き上がり香ばしくてジューシーで、鶏肉の皮が気持ち悪い!など「食べず嫌い」の人でも食べていただけます。ちなみに食べず嫌いとは、美味しいモノを食べた事が無く、不味いものを食べて食べなくなった事を言います。美味しいモノを食べると多少美味しくないものでも食べられるようになるとは僕が身をもって体験しました。土佐清水ワールドでは注文を聞いてから見える焼き台で焼いてくれます。

これが食慾をそそるんです!更に高知県では藁焼きににんにく、ミョウガ、青ねぎ、玉葱スライスの薬味を沢山つけてポン酢をダボダポにかけて(漬かるぐらい)食べます。この食べ方が美味しく感じる秘訣です!食べ合わせによって口の中での感じ方が全く異なります。茶碗蒸しと味噌汁に宗田鰹節フリーをたっぷりかけてカルシウムを十分に摂取。これで万全、元気ハツラツです!

再び冬空を見上げながらオフィスに戻り、来週の予定を確認し夕方で切上げ自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り自宅に戻って夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。本日の献立は「天然寒鰤の寄せ鍋」を主菜に「南瓜の煮物」に「ほうれん草と油揚げのお浸し」の副菜セットです。僕は骨が苦手なので贅沢にも切身を使用。寒鰤は脂が乗って実に旨い!野菜も多く入っていて汁まで全部飲みました。冬を越した最も美味しい時期の糖度が高い南瓜に煮物も実に美味しいです。口直しのお浸しも瑞々しくて美味しいです。メールでお試セットの感想が続々と送られて来ますが、皆さんわんまいるが一番美味しいと評価してくれます。1月のお試セット購入のお客様の定期購入申込率は何と39%と約4割に達しました。解約は8.9%で1割以下で、産前産後の方のご利用も多い中もとても高い継続率だと自負しています。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る