早い 安い 旨い!名古屋駅新幹線ホームきしめん立食い「住よし」さん絶品!【わんまいる】

2020年2月12日(水)今日は、半年ぶりの血液検査へ近くの近畿中央病院に行き、検査後に絶食でお腹が空いたので病院敷地内に新しくオープンした手作りパン屋さんでモーニングセットを試食。分厚いトーストとキャベツサラダにゆで卵が付いて400円はお値打ち。厚切りトーストを半分残していざ出陣!

阪急電車を梅田で降りてJR大阪駅に乗り継ぎ新大阪から新幹線で名古屋で降り、あおなみ線に乗り換え福利厚生フェスタが開催されているポートメッセ名古屋がある金城埠頭駅へ向かいました。新幹線の中も名古屋駅も中国人も外国人も随分少ないように思います。



福利厚生フェスタ会場内ではセブンイレブンやヤマザキデイリーストアさんが企業内にミニコンビニや食品専用自販機の提案やコーヒーメーカーさんも多数出展。更にホームセンターカインズさんが導入され話題となった冷凍冷蔵品も扱えるマルチロッカー製造会社のFUJ Iさんや、驚いたのが法人会員募集にアマゾンが出展されています。会社が登録すると通常より安い値段で社員迄が買えるとの事。既に国立大学の8割は契約が完了したと聞きました。豊富な品揃えと値段は他社は追随出来ません。アスクルやたのめーるのみならずホームセンターでさえも脅威になります。ネットへの取組みに遅れている日本のリアル小売店は目先の価格競争ばかりに目を向けているとアマゾンに脚をすくわれるという思いました。

名古屋駅に戻りお店を観察すると名古屋めし美濃味匠いう看板の総菜弁当お持ち帰り専門店に人だかりが・・大阪や東京では見ないお店です。手羽先唐揚げや味噌カツに玉子焼きなど名古屋のご当地グルメ主体の総菜弁当店です。思わず味噌ヒレカツを購入しそうになりました。美味いんもん通りを覗くとスタバにマクドナルドがテナント出展しています。名古屋名物店と言えばひつまぶしぐらいでこんな所で食ったら馬鹿高いだけだと思い、高島屋食料品売場を観察しに地下へ降りると昼過ぎなのに大勢の人が買い物に来ています。

ロックフィールド、まつおか、和saiの国、中華の四陸(チャイナチューボー)、稲荷寿司のまめだ、鳥よし、さんわコーボレーション、魚惣菜富惣、串カツの串重さんなど全国どこのデパ地下も変わらぬテナント企業ばかりで地域限定商品があっても良いのではと思うぐらいです。


前から食べたかった名古屋新幹線ホームにあるきしめん立食い店「住よし」食券販売機でここはやっぱり味噌きしめんやろと思い、卵をトッピングにして購入。目の前に出てきたのは美味しそうな味噌きしめん!

生卵をかき混ぜて味噌の味を和らげて先ずきしめんを箸で持ち上げ口の中へ・・思っていた以上に滑らかでつるっと入る!いやー味噌で正解!鰹出汁だとつるっとした麺には乗らないから出汁の味わいが物足りません。生卵を味噌だしで混ぜたので麺に乗りやすく、濃厚な味噌だしが口の中まで麺と一緒に入って来るから旨い!立食いの安い値段にも関わらずちゃんと鶏肉も油揚げも入っています。いやー久々にご当地老舗の絶品グルメに出会いました。有難う!

そのまま来た新幹線に乗り込み東京駅乗り換え幕張メッセで行われている商品業界最大の展示会フーデックスに行くので千葉みなと駅前に宿泊。シャワーを浴びてネットで検索して近くの浜寿司さんに夕食を食べに行って見ました。

元気の良い二代目店主さん!

本日のおすすめを見ると「九十九里の鯵のなめろう」と書いてある!尋ねると鯵のたたきに味噌を加えた九十九里の郷土料理とのことなんで早速注文し食べてみました!いやーかなり美味しい!赤味噌とネギを加え鯵の身を包丁で刻み裏側で叩いています。熱いご飯にわさびを乗せてお茶をかけても美味しいだろうと想像します。

お酒は九十九里の寒菊と言う始めて聞く地酒をお勧めの冷のコップ酒で試飲飲してみました。冷のコップ酒がおすすめなのがなんとなくわかります。純米酒と言いながら素朴な味わいは晩酌向けの普通酒です。鯵のなめろうに合う!おでんや漬物、めざしなど素朴な肴にも合うと思いました。コップ酒もたまにはいいですね。大阪の新世界ジャンジャン横丁を思い出します。

本日のおすすめに島根県産ヒラマサに愛媛県産ぶりのハラスが入荷とありましたので鮪の3種刺身盛り千円を注文。繊細な切口で魚も程よく寝かされていて、かなり美味しいです。地元の穴子の白焼きも表面は香ばしく身はふっくら焼き上がっていて見事な腕にビックリしました。千葉みなとの民家の中にこんなに美味しいすし屋があるなんて!寿司も美味しいだろうと思い鮪にヤリイカに穴子はタレと塩でいただき最後に熱燗で鉄火巻とカッパで〆ました。しっかり巻かれた巻きも最高!大満足の一人喰いでした!ホテルに帰りたいバタンキュー・・

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る