簡単調理 噴火湾産帆立貝と白菜のうま煮と国産天然ひじきと大豆煮、ささがきごぼうの卵とじのセット「わんまいる」

2020年2月11日(火)今日は独立創業以来、毎週行っている新聞切り抜きレポート「堀田の本音」を執筆しに梅田オフィスへ出勤しました。今日もアッという間にランチタイムなりました。今日のメディアで軽減税率の影響で飲食店の業績が厳しい中、創業カレーや期間限定ゴロゴロチキンカレーなどヒットして営業利益が43%増と取り上げられいたのでもう20年以上行った事がないので曽根崎交差点を渡った角にある「松屋」へ行きました。

牛丼メニューがズラリ、吉野家より安いけど何となく美味しくなさそうな気配を感じます。創業カレーも表のポスターに乗っていますがゴロゴロチキンカレーは見当たりません。店の中に入ると食券機が設置されています。サラダと味噌汁が付いた創業カレーセット580円を購入して暫くして出てきた創業カレーを見て愕然。脂が分離したレトルトカレーでは。。キャベツサラダも少し色が変色気味だ。もう少し細くスライスしないと硬い。先週仙台空港内のレストランで食べたキャベツと偉い違いだ。カレーを食べるとやっぱりレトルト臭がする。湯せんやレンジでなく鍋で炊いてやるとレトルト臭も脂の分離も治るのだが。。そんな手間(コスト)はかけられないのか、少々高くてもCoCo壱番屋が流行るのが納得!それでもお客さんは次々と来店されています。早い!安い!は大切な事を感じました。

再びオフィスでスーパーのバイヤー様から要望されている冷凍総菜の開発計画を検討して夕方に切り上げ、いつものスポーツジムに立ち寄り自宅に戻ってわんまいるの夕食おかずセットを食べました。本日の献立は「北海道噴火湾産の帆立貝と白菜のうま煮」に「国産天然ひじきと大豆の煮物」に柳川風の「ささがきごぼうの卵とじ」のセットです。帆立貝から出たエキスが鰹と昆布の出汁に交わり上品な味わいで、さすがどっちの料理ショー100回出演された元サンフラン日本領事館公邸料理人 近藤先生だけの事はあるといつも食べる度に思います。また汁まで全部飲んでしまいました。一般的に中国産のひじきが多く使われる中、国産天然ひじきは甘くて美味しい。食べ比べると明らかに違いがわかります。薄くささがきにして水にさらした国産ごぼうの卵とじもお客さんからも評判も高く美味しいです。この違いを是非お試しください!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5