大阪市港区弁天町ならではの地元グルメ!赤丸の特ラン 中村の焼きそば 絶品!【わんまいる】

2020年2月16日(日)今日は生まれ育った大阪市港区弁天町の戦前から堀田家が通う嶋本理髪店に散髪に行きました。自分でやれば5分もかからないけど子供の頃から通い続けているので月に一度生まれ育った故郷に行って昔懐かしい弁天町ならでは地元グルメも楽しめるので通っています。
今日はテレビや雑誌に取上げられインスタグラムのフォロワーも多い「赤丸」の”特ラン(特別ランチ)”をと思っていましたが、生憎の雨なで駐車場から少し離れているので、「なかむら」の焼きそばにしました。

11時20分だと言うのに既に持ち帰りの注文で超忙しいそう!カウンターの鉄板の周りには持ち帰り用の木船が沢山並んで焼けるのを待っています。

お客さんも待っているので何も言わずカウンターに腰をかけると直ぐに焼きそばを乗せて焼き始めてくれました。するめいかと玉ねぎとキャベツに天かすが沢山入って特製ソースがたっぷりかかった焼きそばに青のりと紅生姜を乗せ沢庵2枚を添えて「お待ちどうさん」と言ってお皿に盛り付けて出してくれます。

こんなに忙しいのに先に焼いてくれて申し訳ないと思いながら熱々の焼きそばをフーフーしながら食べました。何度食べても「旨い!」としか口からでません!旨さが脳天に登って行きます!老舗お好み焼き「なかむら」500円の焼きそばを堪能しました。

散髪を終えて某スーパーに総菜と冷凍食品とミールキットの見学に行きました。総菜コーナーには店内調理されたデリタマチキンのもっちりピザ298円が大量に陳列、アウトパック総菜コーナーには「ふきの旨煮」「高野豆腐とエンドウ豆の玉子とじ」「鶏肉と里芋の煮物」「いかと里芋煮」など美味しそうに並んでいます。冷凍食品コーナーが凄く充実、平台のショーケースだけでは足らないのか、オープン棚にも冷凍食品がずらりと並んでいます。オリジナルのマークが印刷された「豚肉の生姜焼きと押し麦入りごはんのセット」や「イタリアンハンバーグとカラボナーラのセット」「すき家の牛丼の具」「えびとチーズのドリア」「ラザニア」「カレーレードリア」冷凍ミールキットも「海鮮アヒージョ」や「するめいかと里芋煮炒め」に、味の素や大阪王将の各種炒飯も大量に陳列されていました。値段も無茶苦茶安く、中国産や海外の食材が多く使われています。わんまいるは全て国内製造にこだわり、健幸ディナーセットは国産食材を100%使用しています。品質と味を落さず少しでも安くご提供するようにしたいと売場を見て思いました。但し国産天然ひじきと大豆煮や国産ごぼうのきんぴら198円、石見ポークの肉じゃが、宮崎県産黒毛和牛と黒豚ハンバーグや島根牛肉のメンチカツ3個、国産豚肉のロールキャベツのトマトソース煮込398円など少し高いですが美味しいおかずも沢山あるので一度食べて戴ければリピートして購入戴ける商品もあると自負しています。

梅田オフィスに戻り、夏の季節商品のプランを昨年の売れ筋を確認しながら検討しました。夕方で切上げ、自宅最寄り駅前のスポーツジム「ティップネス」に立ち寄り自宅に戻って久々に大好物のマカロニ野菜サラダと手羽先と手羽元のカレーフレーク焼きを作ってもらい、ミディアムボディーのカベルネソーピニョンで合せました。軽めのカレーフレークがジューシーな若鳥の弾力ある身に交わって、軽めのカベルネが口の中で混ざり合い実に美味しいです!たまには自宅で調理したおかずも美味しい!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る