チキンライス 淡路島の鶏肉と玉葱を使用!ドリア 2種類のチーズとアスパラを使用!美味しくなりました!【わんまいる】

2020年2月17日(月)今日は終日部門長ミーティングです。

お昼の合間に試食を行いました。1品目は、おからで作った「まるでポテトサラダみたい:ベーコンと野菜」の2回目です。キャベツの使用をやめて玉ねぎ、人参、コーンを半分に減らしてベーコンを加えてもらいました。舌ざわりも良くなり美味しくなりました。

2品目もおからで作った「まるでポテトサラダみたい:コーンとマカロニ」。これも2回目の試食ですが、今回はマカロニが堅いのでダメ。

3品目は、大阪市中央卸市場で買い付けた青森県八戸漁港産のスルメイカを使用した「いかの炒り焼き」です。味は申し分なく美味しいですが見た感じ少し小さく見えるので里芋を加えて欲しいと交渉するように依頼しました。

4品目は、「レンジでできる淡路鶏と玉葱のチキンライス」も2回目で、鶏肉のカットを半分にして玉ねぎを2割、ピーマンを4割増やしてケチャップソースを1割増やして頂きました。濃厚な味になりピーマンと玉葱の食感が味わえるようになり美味しくなりました。

5品目は、某スーパーのバイヤーさんからチーズを加えて濃厚な味にして欲しいと要望され、チェダーチーズを加えて濃厚な味にしました。ナチュラルチーズとチェダーチーズが交わりアスパラの味を引き立てかなり美味しくなりました。

6品目は、病院・学校・社員食堂等の食事を担われている企業様からの提案「骨まで食べられるにしんの煮付け」です。見た感じレトルト窯で高温調理したような缶詰みたいな味わいで美味しくありません。レトルト釜を使うなら90℃の低温調にした方が食感食味が良くなると思いました。にしんでなく鯖の煮付けやカレイの煮物で提案して欲しい。

7品目は、西京味噌たれを漬けて焼いた鶏肉の西京味噌だれ焼きですが、焦げ目が全くなくてスチコンで蒸されたような感じです。スチームを使わずオーブンで焦げ目が付くぐらいしっかり焼く事です。それか粗挽き胡椒とニンニクを使いオリーブオイルでしめじとパプリカを加えてムニエル風に仕上げる方が美味しいと思いました。

8品目の小海老のチリソース煮の味はまずまずですが、小海老の天ぷらの衣が分離してしまっています。残念!。。

9品目からは、センターに入荷した夕食おかずセット998-1号と3月1週目お届け分の抜き打ち検食をしました。1セット目は、「北海道産鮭と大根の煮付けセット」。大きめにカットされた大根に出汁が染込んで美味しそう。食べても美味しい!

2セット目は、「千葉県銚子漁港水揚げの鯖の塩焼きセット」。骨を全部取り除いているので食べ易い。塩辛くなくてなめこ入りの大根おろしに身をほぐして和えて食べると最高!

3セット目は、「国産鶏のむね肉と筍の筑前煮セット」筍、里芋
こんにゃくに出汁が染込み美味しい。副菜の「茄子の揚げ味噌浸し」もとろっとして美味しい。

4セット目の「オムレツ風のミートローフデミグラスソースセット」は、玉子で挟まれたミートローフがトマトソースを加えたデミグラスに絡み合い美味しいです。副菜の「ほうれん草と玉葱の炒め煮」が少し甘いのが気にかかるのでキンピラごぼうやキャベツやコーンのコールスローなどさっぱりしたサラダ類が向いていると思いました。

5セット目の「本格麻婆豆腐セット」も麻婆ソースに副菜のチリソースととろみのあるソースが重なるのでお酢とゴマ油のナムル類などの献立に変更するように伝えました。ところどころ副菜の組合せに違和感を感じるので調理顧問の元辻調理師学校講師でサンフラン日本国領事館公邸料理人でどっちの料理ショーに100回出演された近藤先生に相談するように指示しました。

昼からも部門長とのミーティングを行い、仕事帰りに自宅近くのつかしん天然温泉「湯の華廊」スーパー銭湯に立ち寄りサウナで汗を流し自宅に戻って夕食おかずセット健幸ディナーを食べました。

本日の献立は島根県邑南町で養豚されている脂質が少なく赤身が美味しい「石見ポークの一口カツ」と「ほうれん草の胡麻和え」にひよこ豆・赤インゲン豆、青エンドウ豆の「3種豆のラタトゥイユ」のセットです。それに自家製のマカロニサラダを添えてありました。脂身とすじを丁寧に取り除いたモモ肉なので柔らかくてヘレカツ見たい。ほうれん草もアクが少なく茎も大きく育ってないものを選別しているから柔らかくて瑞々しくて胡麻の香りがとても美味しく満足の晩御飯でした!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る