緊急事態宣言発効/昼はコンビニ 夜は冷凍おかずセットで外出は最低限に【わんまいる】

2020年4月9日(木)緊急事態宣言を発令されて2日目、昨日は電話がひっきりなしにかかり一時は受けきれない状況に。若い方はネットでご注文・お問合せを頂けますが、高齢者の方は電話が多く、混雑している売場には行きたくない気持ちはわかります。しかも1ヶ月間も外出を自粛と言う事で買い置きができる冷凍のおかずセットは便利だと自分でも思います。品切れしないように各方面に協力をお願いして増産するようにしています。
わんまいるの場合は産地を謳っている商品も多く、全国各地の生産者とも話をして材料から手配しなければならないものも多く手間がかかりますが、それでも美味しさの原点は「食材」にあるので適当には出来ません。各バイヤーも真剣な顔つきで仕事に取り組んでいます。
僕は週に一度の新聞切り抜きをまとめてレポートを行い、木曜日は試食が無いので外で食べるのも気が引けるので、近くのセブンイレブンに行くと「豚しゃぶ蕎麦」が目に飛び込み一度試食をしてみようと購入。

テレビで海苔がパリッと音を立てて食べるCMを良く見かけるので試してみることにしました。オフィスに持ち帰りレンジでチン!肩肉?と思われるボイルされた2mmほどにスライスされた豚肉に細長く刻まれた白ネギが少し、七味が付いてない。白ネギをもっと多く加えた方が僕は好きです。それに七味か一味唐辛子は欲しい。やはり思った通りだしが薄い。鰹昆布のだしが感じるぐらい欲しい!スライスされた豚肉のエキスがだしに絡みあい美味しく感じるので2割ほど醤油も含めだしを濃くすればもっと美味しくなると勝手に想像。。麺も加水を2割減らし硬い方が僕は好きです。
コンビニのおにぎりはあまり食べませんが、その中でもセブンのが一番好きです。この海苔のパリバリ感凄いと思います。研究を重ね続け常に進化向上させていく姿勢は勉強になります。
厳密に言うとおにぎりとおかずと一緒に食べるご飯と炒飯と丼とそれぞれに向き不向きがあり、精米や水に浸ける時間や浸け方、更には洗米や鍋に炊飯まで異なります。そして究極は食べる人の好みに合うかが一番重要で、更に人の味覚は進化します。この進化が「食」のトレンドやブームを引き起こすのです。味覚は景気に左右されます!それにより料理もフレンチが流行ったり、イタリアンが流行ったり好まれるメニューも調理の仕方も変わります。今回のコロナの影響により相当不景気になるのでより「濃厚」「甘く」「柔らく」「とろみ」「ねっとり」の味覚食感へと口が進化すると思っています。

昼からは高速道路のサービスエリアのフードコートやレストランや売店向けのご当地グルメメニューの企画を考えて本日も終了。
自宅にいつもより早めに帰宅して風呂に入って、わんまいるの冷凍おかずセットを食べました。本日の献立は、唐揚げの聖地として知られる大分県のデリカフーズ大塚さんに作ってもらった「若鳥のからあげ」を主菜に、「じゃが芋のきんぴら」と「ほうれん草と薩摩揚げの炒めもの」セットです。

さすが本場の唐揚げは旨い!またこの唐揚げとゴマ油で炒めたじゃが芋のキンピラが合う!サラダ油で炒める事でアクが取れるほうれん草も、しなやかで甘くて美味しい。最強の献立メニューに感謝です!今日も1日お疲れさん!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5