多くのプロ野球OBにおかずセットを薦めてくれた元近鉄バッファローズの佐野さんが来社【わんまいる】

2020年5月21日(木)今朝は4時に起きて福島区にある大阪市中央卸売市場へ魚を買付けに行きました。

先ずは関西の主要スーパーや大手回転寿司チェーン等に卸されている鮮魚仲卸会社大手の利州さんへ訪問。ハマチや鰹など初夏魚が大量に入荷しています。ヤリイカも紋甲イカもサイズがデカイ!ホテルや飲食店が休業しているから行き場がない養殖の鯛や鰤も安いと言います。人気の照り焼き向けに紋甲いかと煮付け用に赤カレイを買付けました。

そしてざこばの朝市を開催する委員長の塩干仲卸会社大手の三恒さんへ向かい三上社長と商談。コロナの影響で自粛していた「ざこばの朝市」を9月に開催すると報告を受けました。真鱈の味噌漬けや鮭の味噌漬けを依頼し、いつも行く場内の喫茶店に立ち寄って大阪喫茶店名物のカレー粉で炒めたキャベツと魚肉ウインナーを挟んだホットドックのモーニングを食べて梅田オフィスに出勤。

商売の神様、恵比寿様を祀る神棚にお神酒をお供え、毎日商売繁盛を祈願して1日を始めます。朝礼後に山脇取締役と今後の在宅勤務、テレワークについて社労法人様からのアドバイスを元に打合せ、その後久しぶりに僕と同じ髪型をした元近鉄バッファローズの佐野さんが来社、元気そうでなによりです。佐野さんの紹介でギャオス内藤さんや横浜ベイスターズの古木さんなど多くのプロ野球のOBの皆さんに宣伝をしてもらっていたわんまいるおかずセットをランチがてら一緒に食べて頂きました。

僕は石見ポークの酢豚セット、佐野さんは石見ポークとゴーヤチャンプルーセット、山脇は大分の唐揚げセットです。

相変らず美味しいですねとコメントを頂き玄関でおさむちゃんポーズで記念撮影。

昼からは兵庫県淡路市本社のホテルや飲食店など幅広く農畜水産物の加工・卸販売をされているされている明治初期に海産物問屋として創業し、戦後玉ねぎの集荷販売を行い昭和35年に玉ねぎ取扱い日本一となり昭和54年から食品加工工場を設立され現在に至る沖物産さんが来社され商談をさせて頂き、玄関先で本日2回目のおさむちゃんポーズで記念撮影しました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5