今週の総合売れ筋ランク1位、三重県尾鷲の天然まぐろのど旨い漬け(流水)【わんまいる】

2020年7月1日(水)今年も早いものでもう半年が経過して今日から7月です。午前中は創業以来、週に一度行っている販売結果の確認を行いました。先週1週間、カタログ宅配事業、ネット通販事業、百貨店&通販会社など卸事業総合で一番売れたのが、三重県尾鷲市の金盛丸さんの「天然まぐろの漬け丼の具」でした。このところ海鮮類の漬け丼の具が好評です。早速冬場の企画として「尾鷲の鰤の漬け」を金盛丸さんに作ってもらうように伝えました。

好調なネット通販では、主力のおかずセットがダントツ売上1位で、前年比170%、2位の和惣菜が160%、3位の有名ホテル&専門店が203%、4位の軽食類が204%、5位洋食類が256%とメルマガの配信を名簿顧客に始めた成果が出ています。ちなみに通販単品売上1位は相変わらず島根県邑南町の「石見ポークの酢豚」、2位はレンジでできる「オムライス」、3位もレンジで出来る「具付醤油ラーメン」、4位は大阪老舗ホテル ザ・リーガロイヤルホテルのハンバーグ、5位レンジで出来る「ビフカツ」でした。

今日もアッと言う間に試食タイム!本日は群馬県の上州麦豚の腕肉を使用した肉じゃがを吉フーズに試作してもらいました。やはり腕肉なので硬い!先日食べた高知県の四万十ポークのモモ肉の肉じゃがの方がはるかに柔らかくて肉に旨味もあり美味しい。

2品目は、上州麦豚のモモ肉の一口カツ。薄くて小さくて如何にも学校給食や宅配弁当に添えられているような感じだ。

3品目の「上州麦豚のチーズカツ」は、肉を成形している感じで、鶏のむね肉のカツに食感が似ています。

4品目は、丸大食品のグループ会社 丸食フーズさんから提案頂いた、国産鶏肉100%のチキンナゲットを試食。僕がこれまで食べたチキンナゲット中で一番美味しい!これなら小さな子供さんにもおすすめ!チキンナゲット特有のパサツキ感が無く、柔らかくて玉子を衣に混ぜて揚げているのか甘くて美味しい。おかずセットの副菜と単品でも販売したいと思いました。お弁当のおかずや朝食やビールのおつまみにお奨め。

5品目は、岩手県大船渡市の秋刀魚専門加工調理会社 及川冷蔵さんに作ってもらった「天日干し一口さんまの梅煮」が届きましたが、缶詰のような感じなので調味料を確認すると水飴と砂糖が使用されてます。折角上品な醤油と味醂をふんだんに使っているのだから思い切って砂糖と水飴と梅酢を一切使わないようにして、醤油を2割減らして90℃の低温で調理するように伝えました。折角天日で干して天然のアミノ酸を多く含んでいるさんまなのだから下手に色んな味を加えない方が絶対に旨い!香り付けに柚子を加えると風味が増して見違える程美味しいおかずになると思います。

そして最後は、HPより問い合わせ頂いた新規業者からの提案品「北海道産いわしのかば焼き」。見た感じ冷凍個食パックは不慣れのなか調理した感じで、産業給食弁当や病院や老人施設に提供されているのではと聞くと全くその通り。

「北海道産 鮭のパン粉焼き」は、味はもうひと手間掛ければ美味しくなりますが、鮭のメニューは既存商品で十分間に合っているので「鱈のパン粉焼き」なら採用を検討したいのですが。。

「北海道産 鮭のムニエル」「青森県産鯖のおかか煮」「青森県産鯖のムニエル」「青森県産鯖の味噌焼き」原料は決して悪くなく、使用する調味料と調理の仕方が僕の口には合いません。

冷凍惣菜の場合①弊社の提携先のようにホテルや飲食店向け調理会社、②学校給食や病院やお弁当調理会社、③コンビニや食品スーパー向け下請け会社又は大手冷凍食品メーカーと大きく3つに分かれているように思います。それぞれ業界特有の味覚で、恐らく調味料と調理のやり方だと思います。わんまいるは飲食店を基準に作っています。僕も飲食店の店長経験者、調理指導顧問もホテルや飲食店、委託製造先も必然的にそうなります。

夕食は自宅で健幸ディナーを食べました。本日のメニューは、岩手県陸前高田市のあんしん生活さんに作ってもらった「三陸産のサーモンフライ」が主菜で、副菜が「山形県特産秘伝豆と大豆の胡麻和えサラダ」に「キャベツともやしのチャンプルー」のセットでした。今日はタルタルソースが切れていたのでマヨネーズをつけて食べました。皮も骨も取ってあるので食べ易く美味しい!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5