秋鯖は嫁に喰わすな!でっぷり脂が乗って来た銚子漁港水揚の鯖の煮付け【わんまいる】

2020年9月16日(水)今日は週に一度の販売データー確認の日なのですが、わんまいるシステム(自社サーバー)からネクストエンジン(アプリ)へと基幹システムの切り替えの真っ最中にて、データーが抽出できず休止。昨日の新聞切り抜きレポート堀田の本音(オンラインサロン絆参照)の執筆を行い、今日もあっと言う間に試食タイム。試食室に向かい、徳島県でJAから独立する形で当時要望が多かった、カット野菜会社として先代社長が独立し、現在はご子息が事業を継いでカット野菜+野菜を使用した惣菜をスーパーや飲食店に納めている徳島県の徳冷さんに作って頂いた、おかずセット向けの副菜の試食をしました。先ず1品目「さつまいもと昆布の煮物」。見た目美味しそう。やっぱり食べても美味しい!以前提案いただいた、ひどかったほうれん草のお浸しと全く違い、同じ会社が作ったと思えない味付け。

2品目の「ひじきの煮物」も見た目から美味しいそうで、食べると美味しい。いやー優しい味付けでこれまで食べたひじき煮の中で一番美味しいと思います。ホントビックリ!

3品目は、「大豆の煮物」。少し醤油が濃いですが、ベースの味は美味しく、醤油を2割減らすようにお願いしました。

4品目は、「かぼちゃのクリームサラダ」。弊社からレシピを出したにもしても見事なボイル加減で甘くて美味しいです。強いて要望するならクリームを2割増量して欲しいとお願いしました。

5品目は、「ポテトサラダ」。いやー下味に白ペッパーを施してあり、ボイルの仕方もホクホクで品質の良いじゃが芋でなければこんな食感になりません!食べた人はコレ冷凍かとビックリすると思いました。

6品目は、「コールスロー」。細かくカットされている割に離水が少なく、丁度良い!マヨネーズを2割増やすと絶品!カレーやボロネーゼなどの副菜に向いていると思います。

7品目は、「キャベツのゆかり和え」。紫蘇の味はしますが、水臭いので今使っているゴマドレッシングのレシピを渡して、ひよこ豆や千切りごぼうを加えて試作して欲しいと伝えました。

最後は、人気の大分県「豊後のとり天」のリニューアルを試食。これぐらいしっかり揚げると美味しい!コレの品質を落とさないようにくれぐれをお願いするように伝えました。

昼からは、来月9日(金)東京駅八重洲口前、23日(金)は大阪駅前で開催する食品通販リライズコンサルティング創業5周年記念セミナー講師でしゃべるシナリオを執筆して終了。帰宅途中に自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り筋トレを行い、自宅に戻ってわんまいるの夕食おかずセット「健幸ディナー」を食べました。本日の献立は、「主菜:千葉県産鯖の煮付け」「副菜:茄子と人参の揚げ浸し」「副菜:鳴門わかめと玉ねぎのポン酢和え」のセットでした。

プランクトンが三陸から外房沖に移動した為、外房沖で獲れる鯖の方がデップリ肥えて脂が乗っています。腹骨も中骨も削除しているので、幼い子供さんでも安心して食べていただけます。味付けは薄めにして鯖本来の味が味わえます。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5