梅田お初天神商店街寿司屋通り、スープ・麺・叉焼、三拍子揃った「大阪 麺哲」旨い。【わんまいる】

2021年1月11日(月)今日は成人の日で祝日ですが、僕は毎週月曜日に行っている便所掃除、堀田の本音送信、ブログ投稿、献立メニュー紹介文作成をこなし、昼飯は何を食べようか?ともかく寒いので近くが良い!まだ時間も早いし並んでなければ当社ビルの信号を渡った向いの曽根崎お初天神通り商店街寿司屋通りの入口角にある「大阪 麺哲」さんでラーメンを食べようと思い、見てみると客は並んでません。ラッキー!

寒くなると梅田界隈の有名ラーメン店は殆どの店が満席になる。早速店内に入り、カウンターに座って醤油を注文!上品な透き通ったスープで鉢の底まで見える。「大阪 麺哲」ならではの豚骨と鶏ガラをブレンドしているようなあっさりしたスープなのに深い旨味が脳まで届く。

そして上品な舌触りに湯がかれた麺は正に熟練の技!習得するには修行がかかりそうだ。叉焼も特徴があり、脂身が少なくて赤身が旨く、平べったく大きく薄くスライスされた叉焼が2枚も入っていて、他では食べれない味わいだ。メニューにアサリごはん (深川飯風)と書かれてあったのであわせて注文。

期待して食べたが、醤油だしが濃くて肝心のあさりの風味が感じられない。。俺ならこの素晴らしいラーメンの出汁で炊くけどなぁ。。硬質米を使い、水分少なめにして、浸水時間も白米より短めにした方が柔らかくならずに美味しく炊けると思います。少しねぎを加えても美味しくなるだろうな。。てな余計な事を勝手に想像しながら見事な麺哲ラーメンを平らげてホッと一息。

オフィスに戻り、読書を楽しみ夕方に切り上げて自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄り、自宅に帰って夕食のおかずセット「わんまいる健幸ディナー」を食べました。本日の献立は、「主菜:肉団子と野菜の甘酢あんかけ」と「副菜:ブロッコリーの中華風お浸し」に「副菜:さつま芋の旨蒸煮」のセットに、鹿児島南薩さんの親鳥の炭火焼きを加えてました。

さすが新宿伊勢丹本店はじめ全国主要百貨店に中華惣菜専門店を展開されている神戸本社のフーズパ レットさんだけあって品質が安定しているので安心して食べられます。甘くて濃厚で少し酸味があって食べ応えのある粗挽き肉団子と細かくカットした玉ねぎとピーマンと人参も甘酢に絡んで美味しい。胡麻油の風味が感じる瑞々しいブロッコリーも口直しに丁度良い!鳴門金時の産地だけ有って蒸したように炊かれてほっこりして甘くて美味しい!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5