おうちごはん 湯せん調理で「国産鶏のみそ焼きと国産牛の牛丼の具」を検食【わんまいる】 

2021年4月6日(火)12時45分 久しぶりに単品で人気の湯せん調理で美味しく出来る「国産牛肉と淡路島産の玉ねぎ使用牛丼の具」を神戸市のセンターから抜き取って梅田本社オフィスにて検食してみました。沸騰させた状態で5分間加熱調理して袋から器に移して、まずはお皿に盛り付けてそのままで食べて、あとにご飯に乗せて食べてみました。塩分控え目なので吉野家の牛丼の味を100とすると50%の濃さで甘さはあるが醤油が少なく2割足すと更に美味しくなるので増やすように伝えました。この価格(429円)でこの肉のボリュームはあり得ない。。常に売上順位ベスト10前後なので味を少し濃くすると更に売れると思いました。

同じ湯せん調理でこちらもロングセラーで売れている「国産鶏モモ肉の味噌焼き」を検食しました。いやー見るからに美味しそう。。柔らかく弾力のあるモモ肉で、味噌が丁度良い具合に染込んで皮目がこんがり焼けてかなりウマい。どちらも単品だけで掲載しているのは勿体ないからミールキット健幸ディナーの献立メニューに加えるように指示をしました。ドンドンとメニューを増やし飽きないように充実を図ります。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5